HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > 3Dプリントしながら電子回路も内蔵する!すごい3Dプリンターが資金調達に成功!

3Dプリントしながら電子回路も内蔵する!すごい3Dプリンターが資金調達に成功!

voxel8

現在の3Dプリンターは、樹脂などを造形して製品の外装を作ることができます。
中身の電子部品は、別に用意して組み合わせるという方法が普通ですよね。

さらに、電子回路だけを3Dプリントするプリンターは出てきていますよ。

しかし、Autodeskも参加しているベンチャーのVoxel8は、外装と電子部品側も一体で3Dプリントするという驚き複合機を作っています。

その、Voxel8はシリーズAで1200万ドル(約14億円)の調達に成功。プロジェクトは製品化に向けて、着実に進んでいるようです。

 

Voxel8は、回路を描画できる導電性インクと半導体の材料となるシリコン、樹脂を組み合わせて3Dプリントします。
ソフトウエア側も、外装と電子部品を一体で設計されます。

電子部品と外装を一体設計

電子部品と外装を一体設計

 

仕組みとしては、まず電子インクと樹脂を使って外装をプリント。

3Dプリンターとして樹脂をプリント

3Dプリンターとして樹脂をプリント

 

そして、いったん機械を止めてチップをはめ込みます。

チップをはめ込む

チップをはめ込む

 

その上で、導電性インクで回路部分を書いていきます。

チップをはめ込む

電子インクで回路を書く

 

さらに、その上から3Dプリントを続けて、製品を作っていくプロセスです。

回路の上から3Dプリントする

回路の上から3Dプリントする

 

卓上型の3Dプリンターなのに、こんな感じのドローンも完成品としてプリントすることができます。

ドローンを3Dプリント

実際に動く電子部品を内臓した製品を3Dプリントする、今までにないアプローチですね!
3Dプリンターを使って、本当に最終製品まで作れてしまうと、生産方式がすごく変わりそうです。

値段は8999ドル(約100万円)で、販売は2015年末ぐらいを予定しているそうです。

Voxel8の公式サイト

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ