HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 実質無料の3DCAD・Fusion360が今秋の日本語化を決定!

実質無料の3DCAD・Fusion360が今秋の日本語化を決定!

Fusion360が日本語化

高機能なのに、スタートアップや教育関係では無料で使える3DCADの「Fusion360」。
CADだけじゃく、CNCでは必須となる本格的なCAMも搭載しているすごい3Dソフトです。

ただ、海外のソフトなのでインタフェースが英語で、日本人にはなかなか敷居が高い状態でした。
しかし、開発元のAutodeskさんより、2015年秋に日本語化することが発表されました!

そういえば、Fusion360の日本語サイトもスタートしていますね。

 

Fusion360が、多分野のクリエイターにものづくりを解放する?!

「Fusion360」は、実はけっこう前からありました。
しかし、ここに来ての日本語化は、日本のユーザーが増えてるってことでしょうね〜

「Fusion360」は英語版でも十分使えますが、日本語化で普及に拍車がかかりそうです♪

「Fusion360」の特徴は、デザインを担うCAD、製造を担うCAM、テストを行うCAEが一体になっていることです。

加えて、インターフェースが超わかりやすいんですよね。

なので、「日本語」対応で可能性がひろがると思います。
従来は専門家の領域と思われていた3DCADを、多分野のクリエイターに解き放つという意味合いです。

出典:Autodeskリリース

出典:Autodeskリリース

 

そして、メイカーズラブでは2Dデザイナーのための「Fusion360」の使い方セミナーをやっています。

2Dデザイナーのための 3DCAD入門(Fusion360)

 

2Dデザイナーのための3DCAD入門(fusion360)

「Fusion360」の日本語化で、ものづくりのデジタル化が促進しそうな気がします!メイカーズラブでは、今後もFusion360をはじめとした情報発信で

いろいろな分野のクリエイターがものづくりに参入できる可能性を高めていきたいと思っています。

出典:Autodeskプレスリリース

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:7月15(土)&16日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ