HOME >>  メーカーズニュース > ガラスの3Dプリンターを、MITでも開発中?!

ガラスの3Dプリンターを、MITでも開発中?!

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

 

以前、イスラエル企業「Micron3DP」が、ガラスを使う3Dプリンターを開発していることをご紹介しました。

Micron3DP」は、ヘッドの温度をガラスの融点を上回る1640度まで上げることで、ガラスを積層することに成功しています。

ガラスを積層!?ガラス3Dプリンターの開発が進行中!

そして、今回はMITの研究グループ「Mediated Matter」の取り組みをご紹介。
G3DP」は、イスラエルの企業とは少し違うアプローチで、ガラスをプリントすることに成功しています。

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

 

「G3DP」では、まず、溶けたガラスを流し込みます。3Dプリンターは炉型になっており、中が1900度以上に保たれています。

その状態でヘッドを動かして、ガラスを積層していく方法です。

「G3DP」のソフトウエアは、一般的な3Dプリンターと同じGコードベースでガラスを積層していきます。
そのため、3Dデータにより、いろいろな形がガラスで積層できるようになっています。

「G3DP」はガラスの3Dプリンターとしては、ノズルがけっこう大きめですが、もう少し細かくなってくると本当にガラス製品が作れそうですね。

溶かしたガラスを炉に流し込む

溶かしたガラスを炉に流し込む

プリンター自体が1000度以上に保たれた炉になっている

プリンター自体が1900度以上に保たれた炉になっている

溶けたガラスをノズルから出して積層する

溶けたガラスをノズルから出して積層する

ある程度複雑な形状も積層できる

ガラスを重ねて積層していく

様々なパターンでの積層が可能

様々なパターンでの積層が可能

Gコードを使って積層を行なっていく

Gコードを使って積層を行なっていく

 

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス