HOME >>  メーカーズニュース > ガラスの3Dプリンターを、MITでも開発中?!

ガラスの3Dプリンターを、MITでも開発中?!

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

 

以前、イスラエル企業「Micron3DP」が、ガラスを使う3Dプリンターを開発していることをご紹介しました。

Micron3DP」は、ヘッドの温度をガラスの融点を上回る1640度まで上げることで、ガラスを積層することに成功しています。

ガラスを積層!?ガラス3Dプリンターの開発が進行中!

そして、今回はMITの研究グループ「Mediated Matter」の取り組みをご紹介。
G3DP」は、イスラエルの企業とは少し違うアプローチで、ガラスをプリントすることに成功しています。

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

ガラスの3Dプリンター

Mediated Matter公式サイトより

 

「G3DP」では、まず、溶けたガラスを流し込みます。3Dプリンターは炉型になっており、中が1900度以上に保たれています。

その状態でヘッドを動かして、ガラスを積層していく方法です。

「G3DP」のソフトウエアは、一般的な3Dプリンターと同じGコードベースでガラスを積層していきます。
そのため、3Dデータにより、いろいろな形がガラスで積層できるようになっています。

「G3DP」はガラスの3Dプリンターとしては、ノズルがけっこう大きめですが、もう少し細かくなってくると本当にガラス製品が作れそうですね。

溶かしたガラスを炉に流し込む

溶かしたガラスを炉に流し込む

プリンター自体が1000度以上に保たれた炉になっている

プリンター自体が1900度以上に保たれた炉になっている

溶けたガラスをノズルから出して積層する

溶けたガラスをノズルから出して積層する

ある程度複雑な形状も積層できる

ガラスを重ねて積層していく

様々なパターンでの積層が可能

様々なパターンでの積層が可能

Gコードを使って積層を行なっていく

Gコードを使って積層を行なっていく

 

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

いろいろなパターンでガラスを積層

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:8月26(土)&27日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ