HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【Fusionアセンブリ編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

【Fusionアセンブリ編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

個人は無料で使える3DCADのFusion360と、3Dプリンターで「猫パンチガード」を作るシリーズ。
前回は3Dプリントしたモノを後加工して、かなりピカピカにすることが出来ました♪

→前回の記事
【プリント・後加工編】3Dプリンターとゴム素材で猫グッズを作る

猫パンチガード

最後は、Fusion360でアセンブリとアニメーションを設定して「猫パンチガード」を動かしてみます。

Fusion360でパーツごとに作成したデータを集約する

まずは、個別に作成した「猫パンチガード」のパーツを一つのデータに集約。
集約は、新規のデザインを作ってそこに挿入していけばいいので簡単です。

Fusion360で個別のパーツを集約します

Fusion360で個別のパーツを集約します

 

さらに、Fusion360の便利な部分は、集約と個別のデータがリンクされることです。
例えば、扉のマテリアルをガラスに変えると、集約している方にも反映されます!
3DCADで製品を作る場合は、複数のパーツの組合せが多いのでこれは便利な機能です。

パーツのマテリアルを変更

パーツのマテリアルを変更

集約データにも反映される

集約データにも反映される

Fusion360でアセンブリを設定!イロイロ動かそう

では、集約したパーツを動かしてみましょう。

最初は、ドアノブを回転させる設定をします。
パーツは4つのシンプルなデータなので、設定は簡単です。

「アセンブリ」するには、まずは「ボディ」を「コンポーネント」にする必要があります。

次に、アセンブリの「ジョイント」をコマンドを選択。
ドアノブなので、動きは「回転」を選びます。

アセンブリの「ジョイント」をコマンドを選択

アセンブリの「ジョイント」をコマンドを選択

ドアノブなので、動きは「回転」を選びます

ドアノブなので、動きは「回転」を選びます

 

「ジョイント」の設定では、「ジョイント原点」を何処にするかが重要です。
パーツ同士が意図した動きをするように、原点を決めましょう。

assem006

これで、ドアノブを回転させることができました。

ドアノブを回転させる

しかし、そのままの設定だと、ドアノブは360度回転してしまいます。
現実のドアは、そんなに回転しないので制限を設けます。

実際の動きに合わせて、最大を40度に設定してみました。

ドアノブなので、動きは「回転」を選びます

猫パンチガードは、ゴムの台座とボディが分かれているので、そこにも「ジョイント」を設定。

「ジョイント」同士をリンクさせることで、連携したアセンブリを組むことが出来ます。
今回は、ドアノブに台座をはめながら、ボディとドッキングさせてみました。

アセンブリをリンクさせる

 

 

使うと簡単♪ Fusion360のアニメーション

次にFusion360のアニメーションを使ってみます。

3Dソフトでは一般的なアニメーション機能ですが
Fusion360のアニメーションは、そこそこ高度なことが、えらく簡単に出来ることが特徴です。

最初に、モードを「モデル」から「アニメーション」に切り替えます。

アニメーションモードに切り替え

アニメーションモードに切り替え

 

猫パンチガードを動かすため、「トランスフォーム」の「コンポーネントを移動」を選択。
移動自体はモデルモードと全く同じです。

コンポーネントを移動

コンポーネントを移動

移動し終わると、タイムラインに移動履歴が追加されます。

次に、猫パンチガードを非表示にしてみます。

モデルを非表示にする

こんな感じでアクションを組み合わせて、アニメーションを書き出してみました。

3Dで実際にパーツがどう動くのか分かりやすいので
プレゼンとかにも使えそうですね♪

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ