HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > 髪の毛を3Dプリント出来る技術が、カーネギーメロン大学で実現?!

髪の毛を3Dプリント出来る技術が、カーネギーメロン大学で実現?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る
出典:Future Interfaces Group

出典:Future Interfaces Group

 

3Dプリンター用のマテリアルは、ゴムから金属まで様々な素材が登場していますよね。
そんな中、少し変わったアプローチの研究がカーネギーメロン大学から発表されました。

髪の毛やブラシのような質感の、ヘアライクな3Dプリントに
カーネギーメロン大学の大学院生Gierad Laput氏の研究チームが成功。

馬の尻尾の毛のような柔らかいモノから、ブラシやホウキのような硬さまで
コントロールすることもできるようです。

この研究のユニークな点は、3Dプリンターのハードウェアには変更が必要ない点だと思います。

プリントしている素材もPLAが使われており、3Dプリンターのソフト側でGコードをカスタマイズすることで実現できるようです。
プリント時の温度や押し出しの方法で、髪の毛のような質感を出すアプローチが取られています。

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

ソフトウェアでGコードを編集

ソフトウェアでGコードを編集

 

3Dプリンターを使って、フィギャアのプリントなどはよく行われていますよね。
そこで、人形の髪の毛がプリントできると、造形の可能性が広がりますね♪

 

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

Future Interfaces Group

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ