HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > トーラスの使い方:Fusion360

トーラスの使い方:Fusion360

Fusion360 トーラス

Fusion360のトーラスは円環を生成するコマンドです。
回転の中心と、トーラスの直径をコントロールすることができます。

まず、Fusion360の「作成」メニューから、「トーラス」コマンドを選択しトーラスを配置する平面を選択します。

入力パネルでは、「内径」を指定することでトーラスの大きさを。
「直径」を指定してトーラスの太さを決めることができます。

Fusion360の他のコマンドと同じく、矢印を動かして指定することもできます。

青い矢印でトーラスの直径を伸ばして太くする

矢印でトーラスの直径を伸ばして太くする

白い矢印でトーラスの内径を伸ばして、大きくする

トーラスの内径を伸ばして、大きくする

<トーラスの入力項目>

内径:トーラス自体の大きさを指定
トーラスの直径:太さを指定
位置:トーラスを、外側、中心、内側とどこに生成するかを指定
操作:ブーリアン演算での属性を指定

 

トーラスを使って、腕輪を作ってみる

トーラスで腕輪を作る

Fusion360に限らず、トーラスはこのようにシンプルな形状を作る機能ですが。
今回は、このトーラスを使って、アフリカンな腕輪を作ってみます。

先ほど書いたトーラスを下地に、さらにトーラスを追加。
このときに「操作」を「新規ボディ」にするのがポイントです。

トーラスを新規ボディで追加

トーラスを新規ボディで追加

トーラスを円形状のパターンで増やす

トーラスを円形状のパターンで増やす

 

そして、このトーラスを「作成」の中にある「円形状パターン」でコピーします。

単純に増やすのではなく、ところどころ抜いていくのがポイントです。

アフリカンな感じの腕輪ができました。
Fusion360のレンダリング機能で色もつけてみると、さらにそれっぽいですね?

トーラスでアフリカンな腕輪

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ