HOME >>  IOT > ついに登場!ラズベリーパイのIOT対応モデル「Raspberry Pi 3 Model B」

ついに登場!ラズベリーパイのIOT対応モデル「Raspberry Pi 3 Model B」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

Raspberry Pi 3 Model B

「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」は、超小型でパソコン並みの性能をもつワンボードコンピューター。

電子機器のプロトタイプだけでなく、最近では実際の製品にも使われだしています。

今回登場した最新版の「Raspberry Pi 3 Model B」では、IOT関係の機能が強化されました

まず、無線LANへの対応やBluettoth4.1に標準対応。

いままでIOT機器の開発に「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を使う場合は、外部機器を接続する必要ありこれでUBSが占領されて不便だったりしました。

さらに、オープンソースIoT開発環境の「Node-RED」が追加されています。

 

周りを見ても「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を使って家電のプロタイプを作る人が増えているので、さらに使いやすくなのは良いですね。

日本での取り扱いは、アールエスコンポーネンツ(株)が行い、国内での発売は近日中だそうです。

今回発表された機能の詳細は以下です。

 

<Raspberry Pi 3(ラズベリーパイ3)>

■CPUの処理速度 50%アップ!
Broadcom社の新型プロセッサBCM2837チップセットが組み込まれています。
これは、クアッドコアARM Cortex-A53ベース(64bit・1.2GHZ)を採用しており、
従来の「Raspberry Pi 2 Model B」から50%処理性能が向上しています

■各種通信機能が搭載
802.11b/g/nの無線LANや、Bluetooth 4.1[クラシックBluetoothとBluetooth Smart (Bluetooth Low Energy) のデュアルモードに対応] との接続が可能になりました。

■セットアップが簡単
インストールマネージャーとしてNOOBS(New Out Of the Box Software)というツールが提供されており、これをマイクロSDから起動することでOSのセットアップが簡単に行えます。

■IoTの開発環境に対応
オープンソースIoT開発環境の「Node-RED」が追加されました。
「Node-RED」は、デバイス、API、オンラインサービスをビジュアル的に開発できるソフトで、IoTシステムのプロトタイプ開発ソリューションとして注目されています。

※「Raspberry Pi 3(ラズベリーパイ3)」は現在技適を取得中の商品です。RSコンポーネンツの公式サイトへ

 

 
Raspberry Pi 3 Model B
この記事が気に入ったら、いいねしてね
このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ