HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > ロフトの使い方の応用:Fusion360

ロフトの使い方の応用:Fusion360

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

Fusion360のロフト

Fusion360の「ロフト」は、異なる形状を組み合わせユニークなモデルを作れるコマンドです。

前回、ロフトの使い方の基本では、「ロフト」の基本を説明しました。
今回はより細かい使い方を応用編としてご紹介します。

 

まず、複数のプロファイルをもとに「ロフト」を作るケースです。

 

Fusion360で複数のプロファイルを使ったロフト

Fusion360で複数のプロファイルを使ったロフト

 

以下の3つのスケッチを選択して、単純に「ロフト」を適用すると以下のような状態になります。

ロフトを単純に適応した状態

ロフトを単純に適応した状態

 

次からは「ロフト」の応用的な使い方です。

中心線のレールを使ったロフト

先ほどの単純なロフトに、中心線を書いて、中心線のレールをして設定します。
そうすると、このような複雑な形状を作ることができます。

ロフトに中心線のレールを描く

ロフトに中心線のレールを描く

Fusion360のロフトで、中心線のレールを適用した状態

Fusion360のロフトで、中心線のレールを適用

 

複数のレールを使ったロフト

Fusion360の「ロフト」では、複数のレールを組み合わせることができます。

先ほどの単純なロフトの左右にレールをスケッチします。

そして、2つの線をレールにすると、左右対称なモデルをができます。

レールとして複数の線を描く

レールとして複数の線を描く

Fusion360で複数のレールを適用

Fusion360で複数のレールを適用

 

プロファイルの設定項目ごとの結果

<自由>

通常のロフトでも、プロファイルの設定を変えることで、モデルを変形させることができます。

下の画像は、プロファイルが「自由」の状態で点を動かしてみました。
元の形状と比べると、ツイスト的な形になっています。

ロフトを単純に適応した状態

ロフトを単純に適応した状態

プロファイルの設定を自由にして、点を動かす

プロファイルの設定を自由にして、点を動かす

 

<方向>

プロファイルを「方向」にして「数量拾いウェイト」と「開始角度」に数値を入れてみました。

そうすると、以下のように大きくモデルを変形させることができます。

ロフトを単純に適応した状態

ロフトを単純に適応した状態

プロファイルの設定を方向にして、変形させる

プロファイルの設定を方向にして、変形させる

 

<シャープと点の接線>

点と面をつないだ場合に使えるのが「シャープ」と「点の接線」です

シャープを適用すると、以下のように尖った形状になります。接線を適用すると、丸みのある形状になります。

プロファイルをシャープに

プロファイルをシャープに

プロファイルを点の接線に

プロファイルを点の接線に

 

<接線とスムーズ>

さらに、モデルやフェイスをプロファイルに選択した場合には「接線」と「スムーズ」を使うことができます。

プロファイルを接線に

プロファイルを接線に

プロファイルをスムーズに

プロファイルをスムーズに

 

【Fusion360・ロフトの入力項目】

プロファイル:ロフトにする、スケッチやフェイス、ボディの面や点を選択します。
順番:プロファイルの順番を指定。

レール:レールとなるラインを指定します。中心線:線を中心線として指定。各プロファイルに接している必要はありません。

Rails:レールをします。
Centerline:中心線になるラインを選択します。
チェーン:繋がったスケッチが選択できるチェックです。
操作:ブーリアン演算を指定します。

 

Fusion360のロフトでハート形のウィスキーを作る

Fusion360で作ったウィスキーの瓶ロフトの詳細な設定がわかったので、これを使ってハート形のウィスキーの瓶を作ってみました。

まずは、「ロフト」のもとになるプロファイルをスケッチで作ります。

ハート形なので、ハートのレールも描いていきます。

Fusion360でロフトの元になるスケッチ

Fusion360でロフトの元になるスケッチ

 

このスケッチに「ロフト」を適用します。

ハート形のウィスキー瓶の元になる、くねっとしたモデルができました。

ロフトでウィスキー瓶の本体を作る

ロフトでウィスキー瓶の本体を作る

 

あとは瓶の中をシェルでくり抜いて、トーラスで注ぎ口をつけます。

最後に蓋をつけて完成です。

レンダリングを適用するとかなりリアルなウィスキー瓶となりました

シェルとトーラスで瓶のボディが完成

シェルとトーラスで瓶のボディが完成

 

 

fusion360のレンダリング機能でリアルなウィスキー瓶に

fusion360のレンダリング機能でリアルなウィスキー瓶に

 
Fusion360のロフト
この記事が気に入ったら、いいねしてね
このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ