HOME >>  メーカーズニュース > レーザーで、組み立て&分解ができるスタンドを作る

レーザーで、組み立て&分解ができるスタンドを作る

レーザーカッターでは、いろいろなパーツを組み合わせて
立体的なものを作ることができます。

今回のテーマはアクセサリースタンドです。

スタンド自体を作るのは、そんなに大変じゃないのですが
依頼主から「持ち歩きたいから、組み立てと分解がパッとできるようにしてほしい」という要望が。。

そこで、クサビを使って部品同士を止める方式を考案しました。

クサビというは、傾斜を利用してものを止める加工法です。
木工ではメジャーな方式で、レーザーカッターにも向いています。

まずは、イラストレーターでデータを作ります。

アクセサリースタンドのイラストレーターデータ

アクセサリースタンドのイラストレーターデータ

 

パッと組み立てるられるには、台座の溝とクサビパーツの角度がポイントです。

ここが微妙に締め付けられるようにすると、部品を止めることができます。

突き刺して止める用のクサビ

突き刺して止める用のクサビ

回転して止めるためのクサビ

回転して止めるためのクサビ

 

 

レーザーでカットして、

台座と支柱とハンガーの3つのパーツができました。

アクセサリースタンドの部品

アクセサリースタンドの部品

 

 

台座に支柱を差し込む

台座に支柱を差し込む

回転して、クサビで止める

回転して、クサビで止める

ハンガーにクサビを差し込む

ハンガーにクサビを差し込む

クサビでハンガーを止める

クサビでハンガーを止める

支柱を台座を回してはめ、ハンガー部分をクサビで止めるだけ

3秒ぐらいでできてしまいます。

レーザーカッターを使って、組み立て式のものを作る場合
ねじ止めのケースが多いですが
クサビで止める方法もなかなか面白いですよ。

3分ぐらいで組み立て完了

3分ぐらいで組み立て完了

実際にアクセリーをディスプレイ

実際にアクセリーをディスプレイ

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

 
詳細はこちらへ