HOME >>  メーカーズニュース > 夢のオリジナル線路を3Dプリンターが実現!?

夢のオリジナル線路を3Dプリンターが実現!?

はたして、いまの3Dプリンターで商品作るのは可能なのか?
それは、既製品に比べて表面が荒かったり耐久性が低いなど、様々な問題があるからです。

しかし、そんな問いに対するユニークな回答が鉄道の世界からやってきました。
これは、3Dプリンターで商売するヒントになりそうな感じです!

ワンレール

 

ミリメーターから販売された「ワンレール」は、オリジナルの路線が組める
3Dプリンターで作られたジョイント線路です。

→販売サイトはこちらへ

コンセプトは、従来は連結ができなかった線路界の2大勢力「プラレール」と「木製レール」を結びつけること。

鉄道の世界は正直よくわかりませんが。。。
WindowsとMacが同時に、スムーズに使えるパソコンみたいな感じですかね?

 

立体交差を可能にする高さのあるアーチ線路(使用イメージ)

立体交差を可能にする高さのあるアーチ線路(使用イメージ)

木製の線路とプラレールの相互通運転を可能にする線路(使用イメージ)

木製の線路とプラレールの相互通運転を可能にする線路(使用イメージ)

十字交差する線路(車止めとスロープ付き)

十字交差する線路(車止めとスロープ付き)

ワンレールの第一弾は、「相互直通運転を可能にする線路」と、「立体交差を可能にする高さのあるアーチ線路」、「十字交差する線路」の3つの商品です。

今後はユーザーのリクエストでどんどん商品を増やしていく予定だそうです。
確かに3Dプリンターならデータがあれば出力するだけなので、商品の数を増やすことは難しくないでしょう。

 

3Dプリンターで作ったものを、そのまま売ることは難しいんじゃないかと思っていましたが

「ワンレール」のような既存品には難しいアプローチだとありな感じがしますね。

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:7月15(土)&16日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ