HOME >>  メーカーズニュース > 【夏の超自由研究】レーザーカッターで、スプリング「輪ゴム鉄砲」を作る方法

【夏の超自由研究】レーザーカッターで、スプリング「輪ゴム鉄砲」を作る方法

レーザーカッターの輪ゴム鉄砲

今回は、レーザーカッターで作るものとしては定番ともいえる「鉄砲」を作ってみました。

子供の頃に、「輪ゴム鉄砲」を割り箸で作ったことってありますよね?

普通は、割り箸で作る「輪ゴム鉄砲」の仕組みを進化!
レーザーカッターで作成した軸パーツと、スプリングを仕込んだアップグレード版を作ってみました。

まず、イラストレーターでデータ作り。鉄砲は、持ち手など握りやすさを考慮した形にします。

イラストレーターデータ

 

動き方のシミュレーション

動き方のシミュレーション

 

そして、イラストレーターでこういう構造データを作る場合
パーツを組み立ての位置にもってくると、動きのシミュレーションが可能です。

(こんな感じで動かして、稼働の様子を想像するレベルですが)

できたデータをレーザーカットするとこんなパーツになります。
続けて組み立て作業ですが、スプリングはクリップをカットしてつけました。

レーザー輪ゴム鉄砲のパーツ

レーザー輪ゴム鉄砲のパーツ

レーザーカッター拳銃の組み立て作業中

レーザーカッター拳銃の組み立て作業中

 

スプリングはクリップで固定

スプリングはクリップで固定

 

あとは、ネジとナットで固定すれば出来上がり。
スプリングは上から見ると、こんな感じで収納されています。

稼働部が外装よりも薄いMDFでできているのがポイントです。

ゴム鉄砲の完成

ゴム鉄砲の完成

上から見るとスプリングが収納されている

上から見るとスプリングが収納されている

 

試しに発射してみると、なかなかの威力ですよ!

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ