HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > イラレと3DCADで、かわいい線のiPhoneケースができた!

イラレと3DCADで、かわいい線のiPhoneケースができた!

2Dのデザインをしていると、iPhoneケースをデザインする機会があったりします。

そんなときは、立体になることをイメージしながら
デザインソフトのイラストレーターでデザインをします。

しかし、元が2Dなだけに
実際に仕上がってくるとイメージと違うことも珍しくありません。

 

そこで、今回はイラストレーターと無料で使える3DCAD・Fusion360を組み合わせてiPhoneケースを作ってみました。

 

イラレのデータを3DのiPhoneケースに

 

イラレのびびり線をFusion360で3Dにしよう!

 

まずは、イラストレーターでiPhoneケースをデザインします。
今回はねこをモーフチに、柔らかい線でかきました

特に目の部分は「びびり線」なので、普通の3DCADでは表現が難しい部分です。

iPhoneケースをイラレでデザイン

iPhoneケースをイラレでデザイン

イラストレーターのびびり線

イラストレーターのびびり線

 

 

デザインができたらので3DCADのFusion360を使って3D化

 

先ほどのデザインデータをDXFに変換します。
もともと作ってあるiPhoneケースにラインデータを貼り付けます。

イラストレーターのデータをFusion360に貼り付ける

イラストレーターのデータをFusion360に貼り付ける

ここで、ちょっとしたコツですが
イラレのラインデータを読み込むと、一部が欠けていることが多いです。

その場合は、Fusionのスケッチ機能を使って書き足します。

欠けている部分をスケッチで書き足す

欠けている部分をスケッチで書き足す

 

あとはFusion360の「押し出し」を使って3D化させるだけです。

ストライプやねこの目など色を分けたい部分は「ボディの分割」で分けておきます。

色を分ける部分はFusion360の「ボディを分割」

色を分ける部分はFusion360の「ボディを分割」

 

 

 

Fusion360のレンダリングを使ってプレゼン力をアップ

 

「外観」で色をつける

「外観」で色をつける

最後は「外観」で色をつけてみます。

イラストレーターのデータを3D化すると、実際の素材を再現できるので
プレゼン力が格段にあがるのが良い点だと思います。

レンダリングするとかなりリアルになります。

イラレのデータを3DのiPhoneケースに

顔の部分をみると、イラストレーターで作った「びびった線」がちゃんと再現されていて
なかなかいい感じです。

※細かいと言われそうですが、デザインでは重要な点です

目のびびりも再現

目のびびりも再現

 

3Dなので、いろんな角度からみることもできます。

3Dなので色々な角度からみられます

3Dなので色々な角度からみられます

イラストレーターは柔らかい線を自由自在にかける強力なツールです。3DCADと組み合わせると、思わぬデザインが実現できて面白いですね。

Fusion360は、こういう道具としても優れているので2Dデザイナーの必須ソフトになりそうな気がします。

 

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ