Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  クラウドファンディング > キックスターター(Kickstarter) > 日本発!もの作りクラウドファンディング「zenmono」がスタート

日本発!もの作りクラウドファンディング「zenmono」がスタート

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

zenmono

以前の記事「AKERSのプラットフォーム「zenmono」が近日スタート!」でローンチ間近とお伝えした、ものづくりクラウドファンディングの「zenmono」が5月29日にスタートしました。

日本でも、クラウドファンディングってけっこうありますよね。

でも、「zenmono」はもの作りに絞り、デザイナーやマーケッター、工場など、資金以外もクラウドで集めるのが新しいコンセプトです。

サービス画面をみると、一般的なクラウドファンディングと同じで、資金の募集がと期間が設定されています。

あとは、資金以外のサポーターもここから応募出来るようです。

 

zenmono もの作りクラウドファンディング

 

 

理想には共感できるけど、マーケティング的に難易度が高い

zenmono」をみると、クラウドファンディングのサービスサイトとしては普通に出来ていると思います。

ただし、長くWEBマーケティングに関わっている自分から見ると、課題も大きいサービスかと感じました。

シンプルに集客が難しそうです。

日本はクラウドファンディング自体が、まだまだ一般的ではありませんよね。

日本の主要クラウドファンディングの月次単体の支援額をみても、

最大手のキャンプファイヤーでも1000万円前後で伸び悩み状態。なかなか、スケール出来ていない状況です。

日本のクラウドファンディング

出典:visualizing.info

つまり、さらに分野を絞った「zenmono」が集客できるのかは疑問符がつきます。 。。

しかし、新しいもの作りを感じさせる画期的なサービスだと思います♪

がんばってほしいですね~

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス