HOME >>  メーカーズニュース > 低価格レーザーで、綺麗な彫刻のノートカバーを作る

低価格レーザーで、綺麗な彫刻のノートカバーを作る

レーザーカッターで作ったノートカバー

低価格のレーザーカッターはどのくらい使えるのか
彫刻機能に焦点をあててみました。

ちょっとしたモデルも彫刻を施すことで
ガラッと雰囲気を変えることができますよね。

ちなみに、今回は「Podea」でいちばん出力の高い6W機を使います。

 

オリジナルのノートカバーに彫刻をする

B4のルーズリーフが余っていたので
その収納用のノートカバーを作ってみます。

ノートを止めるために、市販のプラスチックのリングを使います。

B5のノート

B5のノート

プラスチックリングをカットして使う

プラスチックリングをカットして使う

 

カバーのデータはとてもシンプルです。

イラストレーターでのデータ作りは数分ですが、

彫刻部分はちょっと細かいデータを使ってみます。

イラストレーターのノートカバーのデーター

イラストレーターのノートカバーのデーター

 

今回使う素材は2.5mmのMDFです。
ノートの切り出しをしたあとに、さっそく彫刻を初めてみます。

2.5mmのMDFに彫刻を施す

2.5mmのMDFに彫刻を施す

 

彫刻ができました

彫刻ができました

彫刻は綺麗に仕上がっています

彫刻は綺麗に仕上がっています

出来上がりはなかなか良い感じです。低価格の半導体レーザーでも意外に細かい彫刻ができます。

特徴としては、出力が弱い分照り返しが少なく
綺麗な彫刻ができる点です。

パワーが弱いので、業務用に比べるとやや時間はかかりますが
十分実用性のある出来だと思います。
彫刻機能に限れば、業務用のCO2ガスレーザーと遜色ないですね。

ノートカバーとしても良い仕上がりです。
木製のノートカバーなんてなかなかな売ってないので、満足しました♪

レーザーカッターで作ったノートカバー

レーザーカッターで作ったノートカバー

 

ノートカバーとしても十分使えそうな感じです

ノートカバーとしても十分使えそうな感じです

 

それと、今回メーカーさんからのご厚意で
もともと安い「Podea」を69,800円で分けて頂けることとなりました!

Podeaエコリサイクル

→Podea1.6Wを安く買いたい方はこちらへ(数量限定)

※ちなみに、安くなっているのは1.6W機です。ペーパークラフトや革への彫刻などをメインにしている方向けの機種です。

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:6月17(土)&18日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ