HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > 3DCADとレーザーを組合わせ!水玉型の照明を作る方法

3DCADとレーザーを組合わせ!水玉型の照明を作る方法

レーザーカッターの水玉照明

レーザーカッターのデータはイラストレーターで、2次元でつくります。

しかし、「立体的なものをイラストレーターで設計するのは難しい。。。。」という声をよく聞きます。

そこで、今回は無料3DCADの「Fusion360」を使って、レーザーカッター用のデータを作ってみました。

 

水玉型の3DCADデータを作る

まずは、3DCADのFusion360でデータを作ります。

今回は照明器具なので、ソケットや電球をどう組み込むかも考慮する必要があります。

そこで、サイズをデジタルノギスで測定。
電球とソケットの3Dデータを作りました。

デジタルノギスで測定

デジタルノギスで測定

パーツのデータを作る

パーツのデータを作る

ソケットのパーツを中心に、水玉の3Dデータを作ります。

ちゃんとソケットが入るかを確認できるのが3Dの便利な所ですね。

水玉の3DCADデータを作る

水玉の3DCADデータを作る

電球の収まりを3Dで断面解析

電球の収まりを3Dで断面解析

 

3Dデータをレーザーカッターデータに変換する

3Dのデータをレーザーカッターで使うには、2次元のデータにする必要があります。
その時に使えるのが「123D Make」です。

3Dのデータを2次元化できるフリーソフトで、使い方も簡単です。

今回は水玉のSTLデータを読み込んでみました。
照明器具なので中心からスライスする「Radial Slices」を使ってみました。

123Dで水玉のデータをスライス

123Dで水玉のデータをスライス

 

こんな感じで、部品ごとのEPSデータに書き出すことができます。

素材の厚さやクリアランスも指定できるので、実際にレーザーカッターで使えるデータが作れてしまいます。

スライスをEPSに書き出す

スライスをEPSに書き出す

 

レーザーカットして、水玉照明を組み立てる

あとは、書き出したEPSデータをレーザーカットして、パーツを組み上げます。

レーザーカッターでカット

レーザーカッターでカット

まずは、ソケットと電球を底板に固定します。

「123D Make」のデータは、ナバリングもしてあるので組み立てしやすいですね。

ソケットを底板に固定する

ソケットを底板に固定する

ナンバー通りに組み上げていく

ナンバー通りに組み上げていく

組み上がって、電源をいれるとなかなかいい感じです。

電球の周りに和紙をいれているので
卓上照明としてもなかなか役にたちますよ。

水玉型のランプ

レーザーカッターで作った水玉ライト

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

レーザーカッターに必須のイラストレーター入門

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。
しかし、加工データを作るにはイラストレーターの操作が必須です。

そこで、レーザーカッターには必須のイラストレーターを
初心者や苦手な人でもマスターできる入門講座を始めました

■イラストレーターを覚えながら、レーザーカッター学ぶ

1.初心者や挫折組でもイラストレーターの操作をマスター。
2.製品レベルの課題を作りながら学べる。
3.レーザーの加工法を学んで、実際にカットもする。



詳細はこちらへ

レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3