HOME >>  メーカーズニュース > 低価格レーザーで木材を曲げるのに成功!

低価格レーザーで木材を曲げるのに成功!

レーザーで曲げる加工

10万円台で買える、低価格レーザー「Podea6W機」で木材を曲げるヒンジ加工に挑戦してみました。

今回作るのはこのペンケースの曲げる部分です。

レーザーカッターのペンケース

 

まずは、ヒンジの曲げ加工の部分のデータを作ります。

ヒンジの部分は、1mm感覚でカッティングする加工になっており、かなり細かい切断が必要です。

ヒンジのイラストレーターデータ

これをPodea6W機で切断します。
出力が6Wの低価格レーザーは、一回ではMDFのような木材はカットできません。同じ箇所を何度か切る必要があります。

ヒンジは綺麗に切れないと曲がらないため、普通に木材を切断するよりも多めの回数切ります。

カットする回数やスピードは、素材のよってことなります。今回はMDF2.5mmなので、カット見本を作ってから挑みました。

Podea6W機のレーザーカッターの出力見本

Podea6W機のレーザーカッターの出力見本

 

2.5mmのMDFを出力80%、スピード8mm/sec、回数4回で切断しました。

往復回数が多いので、加工時間は30分とそこそこかかります。(業務用だと5分ぐらいで終わる感じです)

PodeaでMDFを切断加工

PodeaでMDFを切断加工

 

結果はなかなか綺麗に切れました。固定するとヒンジはちゃんと曲がります。

こんな感じのペンケースが低価格のレーザーでもできるのは驚きです。

低価格のレーザーカッターは、業務用機器に比べると時間はかかるものの
ほぼ同じようなことが可能なのがわかりましたー

ちなみに、PodeaでMDFを切断すると、切り口が産業用と比べて黒めになります。
(このへんは好みが分かれそうです)

固定するとちゃんと曲がる

固定するとちゃんと曲がる

切り口がやや黒くなります

 

それと、今回メーカーさんからのご厚意で
もともと安い「Podea」を69,800円で分けて頂けることとなりました!

Podeaエコリサイクル

→Podea1.6Wを安く買いたい方はこちらへ(数量限定)

※ちなみに、安くなっているのは1.6W機です。ペーパークラフトや革への彫刻などをメインにしている方向けの機種です。

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:7月15(土)&16日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ