HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360とイラレで、リアルな3D貝殻を作る

Fusion360とイラレで、リアルな3D貝殻を作る

Fusion360とイラストレーターを組み合わせると
有機的な3Dモデルを作ることが可能です。

今回は、こんなヒレ貝を作るのに挑戦しました。

Fusion360で作った有機的な貝

 

イラストレーターで元になる線を描く

まずは、イラストレーターでこんな波線を描きます。

Fusionのスケッチは、こういう線を描くのは無理ですが
イラストレーターのフィルターを使えば瞬殺です。

イラストレーターで波線を描く

この波線をイラストレーターの機能でDXFに書き出します。

DXFは2DCADや3DCADの汎用フォーマットとして使われている形式
イラストレーターから正確な寸法のラインを書き出すことができます。

 

Fusion360で貝殻を具現化する

イラレの波線を、Fusion360の「挿入<DXFを挿入で」読み込みます

さらに、スケッチで貝殻の元になる形を書き足します。

DXFを挿入でFusion360にイラレのデータを読み込む

DXFを挿入でFusion360にイラレのデータを読み込む

 

Fusion360のスケッチでラインを書き足す

Fusion360のスケッチでラインを書き足す

 

ここから実際のモデリングですが、
ライン同士でサーフェイスを作れる「パッチワークモード」を使います。

3DCADでは、中身が詰まったソリッドを作ることが多いですが。

表面だけの厚みのないサーフェイスを使ったモデリングは
有機的な形を作るのに向いている方法です。

パッチワークモードに切り替える

パッチワークモードに切り替える

 

先に書いたラインを作成の「ロフト」でつなぎます。
貝殻の元になるサーフェイスができました。

スケッチをロフトで繋いで、貝の元になるサーフェイスを作る

スケッチをロフトで繋いで、貝の元になるサーフェイスを作る

 

サーフェイスに厚みをつけて貝のモデルを作る

サーフェイスに厚みをつけて貝のモデルを作る

 

あとは、作成の「厚み」で厚みをつければ、2枚貝の上の部分ができました。

あとは同じ方法で、下の貝を作れば2枚貝の完成です。

Fusion360で作った貝 Fusion360で作った貝 Fusion360で作った貝

 

次回はこの貝の形を使って
何か使える製品を作ってみたいと思います。

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ