HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【モデリング編】電球型のデザイン照明を作る方法

【モデリング編】電球型のデザイン照明を作る方法

電球型の照明

電球型の照明

 

レーザーカッターを使ってデザイン性のある製品づくりにチャンレンジ!

今回は定番ともいえる、電球型のデザイン照明を作ってみました。

 

方法としては、

Fusion360で電球型の3Dモデルを作り、レーザーカッター用のデータに変換するアプローチです。

ソケットと電球

ソケットと電球

照明器具として使うために、ソケットを組み込む必要があります。

そこで、最初にソケットのサイズを測って部品の3DモデルをFusion360で作ります。

ソケットと電球をFusion360で作成

ソケットと電球をFusion360で作成

 

次に照明器具の筐体を作ります
ソケットが収まるサイズのスケッチを描きます。

こういうときに、部品を3Dデータにしておくと、サイズを決めるのが楽チンです♪

 

3Dモデルとしてはシンプルなので、あとは「回転」で電球の形を作ります。

これで基本的なボディの3Dデータは完成です。

電球が収まるスケッチを書く

電球が収まるスケッチを書く

Fusion360の回転で3Dの電球を作る

Fusion360の回転で3Dの電球を作る

 

Fusion360で断面解析をすると、

このように電球が収まっているのがわかります。

Fusion360の断面解析で中身を確認

Fusion360の断面解析で中身を確認

 

あとは、3Dデータを「123D Make」に読み込ませて
レーザーカッター用のデータを作ります。

素材として3mmの厚さを選択し
中心で回転するRadial Slicesに設定しました。

3Dデータをレーザカッター用に変換できる
「123D Make」の使い方はこちらでご紹介しています。

3DCADの貝殻をレーザーカッター用のデーターにする方法

 

123D Makeでレーザー用のデータを作成

123D Makeでレーザー用のデータを作成

 

レーザーカッターに使えるEPSデータに書き出すと、このようなデータができました。

しかし、「123D Make」でつくられるデータは、3Dデータをもとにした断面データです。
そのまま製品にすることはできません。

そこで次回は、「123D Make」で作られたデータを照明器具として使うために
イラストレーターでの変換を行うことにします。

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

レーザーカッターに必須のイラストレーター入門

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。
しかし、加工データを作るにはイラストレーターの操作が必須です。

そこで、レーザーカッターには必須のイラストレーターを
初心者や苦手な人でもマスターできる入門講座を始めました

■イラストレーターを覚えながら、レーザーカッター学ぶ

1.初心者や挫折組でもイラストレーターの操作をマスター。
2.製品レベルの課題を作りながら学べる。
3.レーザーの加工法を学んで、実際にカットもする。



詳細はこちらへ

レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3