HOME >>  メーカーズニュース > 3Dフィギュアを楽器化できる!デザインソフト「Printone」

3Dフィギュアを楽器化できる!デザインソフト「Printone」

3D楽器

3Dプリンターで菅楽器を作るプロジェクトは以前からチラホラ見かけますが
現在の楽器を再現するというモノがほとんどです。

管楽器はかなり複雑な構造のため、
ハイエンドの3Dプリンターが必要でした。

3Dフルート

3Dフルート

ハイエンド3Dプリンター

ハイエンド3Dプリンター

 

出典:3D Printed Flute

しかし、Autodeskとアメリカのダートマス大学のチームが開発した「Printone」は
フィギュアのような3Dデータを「楽器化」できるソフトウェアです。

中身が中空の3Dデータを使い、音階を出すために
最適な設定することができるそうです。

スクリーンショット 2016-12-09 18.42.10

一般的な管楽器は、筒状のものですが
Printone」を使えば、

様々な形状の管楽器を作ることができます。

星型の楽器

星型の楽器

トカゲの楽器

トカゲの楽器

羊の楽器

羊の楽器

うさぎの楽器

うさぎの楽器

出典:Printone: Interactive Resonance Simulation for Free-form Print-wind Instrument Design

自分でもっている3Dデータを管楽器にできると楽しそうです。
「Printone」は非公開のソフトウェアですが、完成後に公開されるとよいですね〜

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ