HOME >>  メーカーズニュース > 3Dフィギュアを楽器化できる!デザインソフト「Printone」

3Dフィギュアを楽器化できる!デザインソフト「Printone」

3D楽器

3Dプリンターで菅楽器を作るプロジェクトは以前からチラホラ見かけますが
現在の楽器を再現するというモノがほとんどです。

管楽器はかなり複雑な構造のため、
ハイエンドの3Dプリンターが必要でした。

3Dフルート

3Dフルート

ハイエンド3Dプリンター

ハイエンド3Dプリンター

 

出典:3D Printed Flute

しかし、Autodeskとアメリカのダートマス大学のチームが開発した「Printone」は
フィギュアのような3Dデータを「楽器化」できるソフトウェアです。

中身が中空の3Dデータを使い、音階を出すために
最適な設定することができるそうです。

スクリーンショット 2016-12-09 18.42.10

一般的な管楽器は、筒状のものですが
Printone」を使えば、

様々な形状の管楽器を作ることができます。

星型の楽器

星型の楽器

トカゲの楽器

トカゲの楽器

羊の楽器

羊の楽器

うさぎの楽器

うさぎの楽器

出典:Printone: Interactive Resonance Simulation for Free-form Print-wind Instrument Design

自分でもっている3Dデータを管楽器にできると楽しそうです。
「Printone」は非公開のソフトウェアですが、完成後に公開されるとよいですね〜

 

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス