HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【その1】超簡単!Fusion360のアセンブリ

【その1】超簡単!Fusion360のアセンブリ

Fusion360には無料で使える3DCADにもかかわらず
アセンブリ機能が付いています。

アセンブリは、複数の部品を組み合わせて
動かすことができる便利な機能です。

しかし、3DCADを始めたばかりだと、なかなか難しいみたいです。

そこで、みんなでアセンブリを使えるようになることをコンセプトに
Fusion360のアセンブリ機能をご紹介することにしました。

細かい説明は後に回して、
まずはこんな感じの、超簡単なアセンブリをやってみたので
作り方を合わせてご紹介します。

Fusion360で複数の部品を連動させて動かすアセンブリ

Fusion360で複数の部品を連動させて動かすアセンブリ

 

 

 

1.まずは元になるモデルを書く

スケッチでモデルの元を書いて、「押し出し」で立体化します。

Fusion360のスケッチ

Fusion360のスケッチで元になる線を描く

 

押し出しで立体化

押し出しで立体化する

 

 

2.モデルにジョイントを設定する

アセンブリをするためには、モデルを「コンポーネント」に変換するのが第一歩です。
ブラウザでボディを右クリックして、「コンポーネント」にします。

コンポーネントになっても別に見た目は変わりませんが、ジョイントが適用できるようになります。

Fusion360で、ブラウザからボディをコンポーネントにする

Fusion360で、ブラウザからボディをコンポーネントにする

 

次に、メニューから「ジョイン」を選んで、適用するコンポーネントを2つ選びます。
今回は「回転」を適用したいので、回転軸を決めならがコンポーネントを選択します。

「回転」を適用すると、アニメーションで動く様子がわかります。

コンポーネントを2つ選択して、ジョイントの回転を適用する

コンポーネントを2つ選択して、ジョイントの回転を適用する

 

しかし、このままだとモデルを動かすことはできません。。

 

3.片方を固定して、モデルをドラッグで動かす

モデルをマウスで掴み、ドラックで動かせるようにします。

ポイントになるのが、「固定」を使うところです。
ジョイントだけを指定しても、どちらかのコンポーネントを「固定」しなければ
モデルを動かすことができません。

アセンブリが分かりづらいのは、この辺の設定が必要なことも一因みたいですね〜

 

ブラウザからコンポーネント2を選んで、固定する

ブラウザからコンポーネント2を選んで、固定する

ブラウザからコンポーネント2を右クリックして「固定」しました。
これで、モデルを掴んで回転させることができます。

さらに、ブラウザにできた「ジョイント」を右クリックして「ジョイントの制限を編集」で、角度を制御することができます。

今回は最小値が0で最大を90度にしました。

ブラウザのジョイントからジョイントの制限を編集を選ぶ

ブラウザのジョイントからジョイントの制限を編集を選ぶ

 

最小角度と最大角度を入力

最小角度と最大角度を入力

 

そうすると、このような感じで動かすことができます。

Fusion360のジョイント

 

とりあえず、簡単なアセンブリの基本設定をご紹介しました。

次回は、下の画像のように、いろいろなパーツが連動して動くアセンブリを設定してみます。

 

複数の部品を連動させて動かすアセンブリ

複数の部品を連動させて動かすアセンブリ

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ