Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  クラウドファンディング > キックスターター(Kickstarter) > プログラムの義務教育や3Dプリンター投資が政策化へ!

プログラムの義務教育や3Dプリンター投資が政策化へ!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プログラムの義務教育化

日本文系社会も終わりをつげるかもしれません!

政府がとりまとめ中の成長戦略素案の内容が伝わってきましたが。

「世界最高水準のIT社会の実現」をテーマに、IT教育や3Dプリンタへの投資支援、クラウドファンディングなどを支援するそうです。

ホントに日本政府の政策なのか?と耳を疑いそうなキーワードが並んでいますよね〜

 

内容を見てみると

【政府の取り組み】

  • 産学官連携でIT人材育成の仕組みを来年度中に構築
  • プログラムの義務教育化
  • デジタル教材の開発
  • 公共データのオープン化
  • 400Gbps級の光通信や第四世代移動通信(4G)の早期実現

 

【民間投資の活性化策】

民間投資の活性化策としては、以下のような項目を8月末までに結論を出して進めるそうです。

  • 3Dプリンターなどの先端設備への投資を後押し
  • クラウドファンティングの活用

 

ネットコンサルの仕事をしていると痛感するのが、日本人のITスキルの無さです。そこで、プログラムの義務教育化は以前から必要だと思っていました。

やはりネット系は中身が分からないと、かなり厳しいんですよね。競争力という観点で考えると、スゴい問題なのです。

 

政府の政策としては、かなり画期的な動きだと思うので、多少は期待できそうな気がします。

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス