HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリントの「後悔。。」をなくす、AR確認サービスがスタート

3Dプリントの「後悔。。」をなくす、AR確認サービスがスタート

3Dデータは画面の中だけで作るので、3Dプリンターで出力してみると

「なんだかデカすぎる」。。。

「なんかダサい」。。。

という感じで、3Dプリント後に試作品を組んでみて
「あれ??」ということは珍しくありません。
そんな、ものづくりでの悩みを軽減してくれそうなサービスが始まったのでご紹介します。

 

企業向けの3Dプリントサービス「3Dayプリンター」を展開する、X人の株式会社が始めたのは

「ARを使った3Dプリント前の確認」サービスです。

 

AR確認サービスで、建築モデルの大きさを確認

AR確認サービスで、建築モデルの大きさを確認

3Dモデルを皿に乗せて、オブジェの大きさを確認

3Dモデルを皿に乗せて、オブジェの大きさを確認

 

 

サービスの特徴

1.なんと無料
「ARを使った3Dプリント前の確認」は無料で提供されています。

2.実際の空間に置いて、3Dモデルが確認できる
画面の中だけだと分かりづらいスケール感や、デザインの印象を視覚的に確認できる。

3.使うのが簡単
アプリの利用手順などは、担当スタッフが教えてくれるそうです。

 

サービスを利用するには、まず3Dデータ入稿します。
そして、送られてくるARマーカーを、スマホアプリで写すだけだそうです。 AR確認サービスのステップ

【本件に関する連絡先】
担当:濱中 拓郎
電話:080-6398-0555
メール:t.hamanaka@3day-printer.com

■会社概要
社名:X人の株式会社
代表:濱中 拓郎
所在地:東京都港区海岸2-1-16 鈴与浜松町ビル2F STL内
設立:2015年12月2日 資本金:333万円

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:6月17(土)&18日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ