HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリントの「後悔。。」をなくす、AR確認サービスがスタート

3Dプリントの「後悔。。」をなくす、AR確認サービスがスタート

3Dデータは画面の中だけで作るので、3Dプリンターで出力してみると

「なんだかデカすぎる」。。。

「なんかダサい」。。。

という感じで、3Dプリント後に試作品を組んでみて
「あれ??」ということは珍しくありません。
そんな、ものづくりでの悩みを軽減してくれそうなサービスが始まったのでご紹介します。

 

企業向けの3Dプリントサービス「3Dayプリンター」を展開する、X人の株式会社が始めたのは

「ARを使った3Dプリント前の確認」サービスです。

 

AR確認サービスで、建築モデルの大きさを確認

AR確認サービスで、建築モデルの大きさを確認

3Dモデルを皿に乗せて、オブジェの大きさを確認

3Dモデルを皿に乗せて、オブジェの大きさを確認

 

 

サービスの特徴

1.なんと無料
「ARを使った3Dプリント前の確認」は無料で提供されています。

2.実際の空間に置いて、3Dモデルが確認できる
画面の中だけだと分かりづらいスケール感や、デザインの印象を視覚的に確認できる。

3.使うのが簡単
アプリの利用手順などは、担当スタッフが教えてくれるそうです。

 

サービスを利用するには、まず3Dデータ入稿します。
そして、送られてくるARマーカーを、スマホアプリで写すだけだそうです。 AR確認サービスのステップ

【本件に関する連絡先】
担当:濱中 拓郎
電話:080-6398-0555
メール:t.hamanaka@3day-printer.com

■会社概要
社名:X人の株式会社
代表:濱中 拓郎
所在地:東京都港区海岸2-1-16 鈴与浜松町ビル2F STL内
設立:2015年12月2日 資本金:333万円

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス