HOME >>  メーカーズニュース > クロネコが、3Dプリント配送サービスを始める?!

クロネコが、3Dプリント配送サービスを始める?!

クロネコヤマトが3Dプリントサービスに参入

宅急便でおなじみのクロネコヤマトが、2月1日より「3Dプリントサービス」を始めるそうです。

羽田クロスゲートに、最新鋭の3Dプリンターや3Dスキャナを設置した「3Dププリントセンター」を開設。クロネコヤマトの全国配送網を使って、スピード配送されます。

サービスとしては、治療用装具や医学模型など分野で
CAD技術者のいない国内企業を対象にしているようですね。

 

【サービスの利用方法】

ステップ1:原型の回収
3Dプリンター用のデータを取る「原型」をヤマトグループが回収し、「3Dプリントセンター」届ける。

ステップ2:3Dスキャン
「原型」をハイエンドの3Dスキャナを使い3Dデータ化する。

ステップ3:3Dプリント
最新鋭の3Dプリンターを使って、3Dプリントする。

ステップ4:プリントした物を届ける
出力した造形物を届ける。

 

 

【導入イメージ】

■治療用装具(義肢装具)の事例
石膏型を用いた装具製造から、3Dデータを用いる3Dプリントに変更した場合

クロネコヤマト3Dサービスの導入ケース

[1] 製造時間を大幅に短縮(通常1週間程度が3日程度)することにより、患者様のもとへ約半分の期間でお届けすることができます。

[2] 作成した3Dデータをクラウド上で保管することにより、2回目以降の注文にも利用することができ、製造時間の更なる短縮が可能となります。

 

 

費用は個別ケースで異なるので、つど見積もりとなるようです。

確かに、医学分野は3Dが有効なものの、3Dの技術者はほとんどいないと思います。
そこに、スキャニング前提のサービスにニーズがあると考えているようですね。

現状の3Dプリントサービスは
3Dデータをネット経由で送るものが多いので
医療や大手企業の研究開発など、センシティブな分野にはマッチするかもしれないですね。

 

【お問合せ先】
報道機関の方
ヤマトホールディングス株式会社
広報戦略担当:中田・原
電話番号:03-3541-4141

事業者の方
ヤマトシステム開発株式会社
e-オンデマンドソリューションカンパニー
担当:清水・安木
電話番号:03-6333-0300

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】ハードゥエアを設計&デザインするCAD技術

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
3DCADのスキルを数ステージあげられる中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングや構造の設計に加え、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス