HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360武器屋】3DCADで、木の帽子を作る方法をご紹介

【Fusion360武器屋】3DCADで、木の帽子を作る方法をご紹介

3DCADのFusion360を使って、ドラクエ風の武器を作るシリーズ「武器と防具の店」を開くには、鎧兜もラインナップに加えたいところです。

そこで今回は、冒険の最初に入手できる安い兜をイメージして
「木の帽子」のようなデザインを作ってみました。

 

木材の外観を割り当てる

 

 

Fusion360で兜の形を作る

まずは、帽子の半分をスケッチで描きます。

続けて、回転で帽子の形を作ります。
回転はFusion360に限らず、3DCADではよく使うモデリング方法です。

Fusion360のスケッチで回転の元を描く

Fusion360のスケッチで回転の元を描く

Fusion360の「作成>回転」でお椀のような形状ができる

Fusion360の「作成>回転」でお椀のような形状ができる

 

おわんのような形ができましたが、「木の帽子」は一応兜です。

そこで、構造を強化する枠を作ります。
一見むずかしげですが、ボディを分割して必要な部分を残すだけなので割と簡単です。

「修正>ボディを分割」で強化用の枠を作る

Fusion360の「修正>ボディを分割」で強化用の枠を作る

「押し出し」縁を囲う部分を作ります

Fusion360の「押し出し」縁を囲う部分を作ります

 

押し出しで、縁の部分を付け足します。
これで、「木の帽子」の基本的な形ができました。

 

 

Fusion360のパターンを使って、兜に装飾をほどこす

しかし、安い兜とはいえ少し寂しげです。

そこで、ちょっとしたビス的なものを足してみます。
実際に枠を固定するときにも、留め具で止めるはずですね。

Fusion360の「作成>パターン>円形状パターン」でビスを増やす

Fusion360の「作成>パターン>円形状パターン」でビスを増やす



縁にそうようなビスを作って、Fusion360の「作成>パターン>円形パターン」で増やします。

続けて、トゲ的なものをも足してみます。

まず、トゲの形状をロフトで作成します。円と点のスケッチでロフトをすると、こういうトゲみたいな形が簡単にできます。

「作成>ロフト」でトゲを作る

Fusion360の「作成>ロフト」でトゲを作る

 

問題はこのトゲをどう並べるかです。

そのポイントは、ヘルメットに沿ったスケッチを生成することです。

この場合、「投影>交差」というコマンドを使います。
作業面とボディが交わる部分にスケッチを作ってくれる便利な機能です。

「投影>交差」でボディに沿うスケッチを作る

Fusion360の「投影>交差」でボディに沿うスケッチを作る

 

ボディにぴったり沿うスケッチを使えば、綺麗にトゲが並びます

ボディにぴったり沿うスケッチを使えば、綺麗にトゲが並びます

 

このスケッチを軸にすることで、トゲを綺麗に並べることができます。

木の帽子の形が全て完成しました。

最後に「修正>外観」で素材を割り当てます。

木材の外観を割り当てる

Fusion360の「修正>外観」で木材の外観を割り当てる

 

 

Fusion360のレンダリングのライティングで劇的な効果を

Fusion360のレンダリングは簡単な設定で、そこそこの画像を作れるのが特徴です。

まずは、普通にレンダリングします。

床をコンクリートにして、ダンジョンの床な感じを出してみました。
しかし、デフォルトの照明をあてると少しフラットな仕上がりで面白くありません。

普通にレンダリングするとなんだかノッベリな感じ

普通にレンダリングするとなんだかノッベリな感じ

 

そこで、独自の照明素材を作ってみました。

撮影用のライトと、レフ板を使って
ちょっとしたスタジオをFusion360の中に作ってみます。

これで、再びレンダリングをすると、なかなか良い感じになりました。

このライティング方法は結構使えるので、近々詳しめにご紹介したいと思います。

照明道具をFusion360上に作る

独自の照明道具をFusion360上に作る

 

独自照明でレンダリングすると劇的な効果が出た

独自照明でレンダリングすると劇的な効果が出た

 

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ