HOME >>  3Dプリンター > 【2/22・商品発表会】積層ピッチ0.01mm!の低価格プリンター「Raise3D」の実物が見られる!

【2/22・商品発表会】積層ピッチ0.01mm!の低価格プリンター「Raise3D」の実物が見られる!

 

Raise3D

10.10mmの穴に、10mmの金属棒が通ることで話題になっている、3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の商品発表会が、2月22日に秋葉原のDMM.makeで開かれます。

「Raise3D(レイズ3D)」は、積層ピッチが0.01mmとFDMとしては非常に高いことが謳われています。
そして、寸法精度が0.1mmと産業用の加工機並みです。

メイカーズラブでも、発表前に実機を見に行きサンプルプリントをしてみましたが、10.10mmの穴に10mmの金属棒を通すことができました!

Raise3Dプリンターの精度

 

先日の「「3D Printing 2017」でも、
精度の高さが話題になっていたようです。

 


ちなみに、「3D Printing 2017」に行きそびれた方も、
2月22日に秋葉原のDMM.makeで開かれる新商品発表会に申し込めば実物をみることができるそうです。

先着順だそうなので、申し込みはお早めに!

「Raise3D」の新商品発表会はこちらへ

 

日程:2017年2月22日(水) 15:00~17:00(受付は14:45〜)
場所:東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル
内容:新商品「Raise3D」の製品紹介・実機体験
申し込み:こちらのフォームへ

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス