HOME >>  3Dプリンター > 樹脂の表面がなめらか?! 1000万色のフルカラー3Dプリンターがついに発売へ!

樹脂の表面がなめらか?! 1000万色のフルカラー3Dプリンターがついに発売へ!

ミマキのフルカラー3Dプリンター

ミマキエンジニアリングが開発中の、3DプリンターとUVプリンターを組み合わせた
フルカラーUV硬化インクジェット方式の3Dプリンターが、年内に発売されるそうです。

「3DUJ-P(仮称)」は、3Dプリンターに、平面の印刷技術であるUVプリント方式を組み合わせ、1000万色以上の表現が可能となっているそうです。

「3DUJ-P(仮称)」は、2015年に発表され、テストプリントサービスが以前から行われてきました。

2017年3月7日の発表会で、2017年内のリリースが公表されました。
価格は1500〜2000万円が想定されるそうです。

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

以前も石膏や樹脂のフルカラー3Dプリンターは存在しましたが、表面がザラザラで、発色もあまり良いものではありませんでした。

石膏プリンターとミマキの3Dプリンターの差

ミマキ3Dプリンターの造形物

 

 

「3DUJ-P(仮称)」公式ページにある造形物をみると、非常に発色がよく表面がなめらかです。

積層ピッチが、0.01〜0.05が想定されており、かなり細かい物も造形できるようですね。

 

ミマキ3Dプリンターの造形物

拡大してみよう!細かな線や柄も忠実に再現

ミマキ3Dプリンターの造形物

細い線もプリントできる

ミマキ3Dプリンターの造形物

綺麗な発色となめらかな表面

ミマキ3Dプリンターの造形物

羽の薄さは、なんと0.3mm!。クリアインクで半透明な羽を再現

 

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

 

造形素材はアクリル系の樹脂で、ABSと同程度の強度を確保。そのため、ネジ穴を切って使用することも可能だそうです。

※ちなみに、ネジ穴を切るタッピング加工は、同じアクリル系の樹脂が多い光造形では強度不足でした。

ねじ切り

さらに、柔軟性の高いインクを使うことで、曲げたり折ったりできる造形物も作ることができるそうです。こういう表現は、石膏型では不可能でした。

ミマキ3Dプリンターの造形物

さらに、造形後のモデルは研磨してそのまま仕上げることが可能とのこと。(方式的に色落ちはしない)
コーティング剤を使うことで、野外での使用も可能だそうです。

 

UVプリンターは、メイカーズラブで所有していますが非常に発色がよく、色彩再現に優れた方式です。

ミマキの「3DUJ-P(仮称)は、今までのフルカラー3Dプリンターの問題点を、払拭する感じがしますねー

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

 

本製品への問い合わせは

TEL:0268-64-2281
受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部
担当:所 康武

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ