HOME >>  3Dプリンター > 樹脂の表面がなめらか?! 1000万色のフルカラー3Dプリンターがついに発売へ!

樹脂の表面がなめらか?! 1000万色のフルカラー3Dプリンターがついに発売へ!

ミマキのフルカラー3Dプリンター

ミマキエンジニアリングが開発中の、3DプリンターとUVプリンターを組み合わせた
フルカラーUV硬化インクジェット方式の3Dプリンターが、年内に発売されるそうです。

「3DUJ-P(仮称)」は、3Dプリンターに、平面の印刷技術であるUVプリント方式を組み合わせ、1000万色以上の表現が可能となっているそうです。

「3DUJ-P(仮称)」は、2015年に発表され、テストプリントサービスが以前から行われてきました。

2017年3月7日の発表会で、2017年内のリリースが公表されました。
価格は1500〜2000万円が想定されるそうです。

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

以前も石膏や樹脂のフルカラー3Dプリンターは存在しましたが、表面がザラザラで、発色もあまり良いものではありませんでした。

石膏プリンターとミマキの3Dプリンターの差

ミマキ3Dプリンターの造形物

 

 

「3DUJ-P(仮称)」公式ページにある造形物をみると、非常に発色がよく表面がなめらかです。

積層ピッチが、0.01〜0.05が想定されており、かなり細かい物も造形できるようですね。

 

ミマキ3Dプリンターの造形物

拡大してみよう!細かな線や柄も忠実に再現

ミマキ3Dプリンターの造形物

細い線もプリントできる

ミマキ3Dプリンターの造形物

綺麗な発色となめらかな表面

ミマキ3Dプリンターの造形物

羽の薄さは、なんと0.3mm!。クリアインクで半透明な羽を再現

 

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

 

造形素材はアクリル系の樹脂で、ABSと同程度の強度を確保。そのため、ネジ穴を切って使用することも可能だそうです。

※ちなみに、ネジ穴を切るタッピング加工は、同じアクリル系の樹脂が多い光造形では強度不足でした。

ねじ切り

さらに、柔軟性の高いインクを使うことで、曲げたり折ったりできる造形物も作ることができるそうです。こういう表現は、石膏型では不可能でした。

ミマキ3Dプリンターの造形物

さらに、造形後のモデルは研磨してそのまま仕上げることが可能とのこと。(方式的に色落ちはしない)
コーティング剤を使うことで、野外での使用も可能だそうです。

 

UVプリンターは、メイカーズラブで所有していますが非常に発色がよく、色彩再現に優れた方式です。

ミマキの「3DUJ-P(仮称)は、今までのフルカラー3Dプリンターの問題点を、払拭する感じがしますねー

ミマキ3Dプリンターの公式ページへ

 

本製品への問い合わせは

TEL:0268-64-2281
受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部
担当:所 康武

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス