HOME >>  メーカーズニュース > 6軸の3Dプリンターが開発中!スイスチューリッヒ大学

6軸の3Dプリンターが開発中!スイスチューリッヒ大学

FDMの3Dプリンターで課題になるのが、サポート材対策です。

樹脂を溶かして積層してくので、材料が垂れないようにサポート材が必須となります。
スイスのチューリッヒ応用大学の研究チームでは、6軸の3Dプリンターを開発中とのことです。

通常の3DプリンターはXYZの3軸のため、中空構造やオーバーハングしているものに弱く
大量につくサポート材が3Dプリントを荒らす原因ともなっています。

6軸の3Dプリンター 6軸の3Dプリンター

 

6軸の3Dプリンターが実用化されれば、サーポート不要となるので
プリント面が綺麗になり、材料コストも減りそうです。

FDMの6軸プリンターは、シリコンバレーの「Arevolabs社」でも開発されていました。
方式としては、ヘッドを動かすタイプです。

Arevo Labsの6軸3Dプリンター

Arevo Labsの6軸3Dプリンター

 

チューリッヒ応用大学で研究されているのは、別の方式で
プリントベッドが動かして、6軸を実現しようとしているようです。

切削の5軸マシンも、材料を動かすタイプが多いのでそれと似たような発想ですね。

現在ソフトウェアは開発中で、ヘッドと台を同時に制御することはできないそうですが、
開発に成功すれば、新しいタイプの3Dプリンターとして注目されそうですね。

ZHWAのページへ

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:7月15(土)&16日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ