HOME >>  メーカーズニュース > 6軸の3Dプリンターが開発中!スイスチューリッヒ大学

6軸の3Dプリンターが開発中!スイスチューリッヒ大学

FDMの3Dプリンターで課題になるのが、サポート材対策です。

樹脂を溶かして積層してくので、材料が垂れないようにサポート材が必須となります。
スイスのチューリッヒ応用大学の研究チームでは、6軸の3Dプリンターを開発中とのことです。

通常の3DプリンターはXYZの3軸のため、中空構造やオーバーハングしているものに弱く
大量につくサポート材が3Dプリントを荒らす原因ともなっています。

6軸の3Dプリンター 6軸の3Dプリンター

 

6軸の3Dプリンターが実用化されれば、サーポート不要となるので
プリント面が綺麗になり、材料コストも減りそうです。

FDMの6軸プリンターは、シリコンバレーの「Arevolabs社」でも開発されていました。
方式としては、ヘッドを動かすタイプです。

Arevo Labsの6軸3Dプリンター

Arevo Labsの6軸3Dプリンター

 

チューリッヒ応用大学で研究されているのは、別の方式で
プリントベッドが動かして、6軸を実現しようとしているようです。

切削の5軸マシンも、材料を動かすタイプが多いのでそれと似たような発想ですね。

現在ソフトウェアは開発中で、ヘッドと台を同時に制御することはできないそうですが、
開発に成功すれば、新しいタイプの3Dプリンターとして注目されそうですね。

ZHWAのページへ

 

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス