HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリントで実現された!デザインランプ「SplashLIGHT」

3Dプリントで実現された!デザインランプ「SplashLIGHT」

SplashLIGHT プラッシュライト

量産品ではありえない個性的なデザインのものが作れるのが
3Dプリンターの魅力の一つです。

オーストラリアのプロダクトデザインチーム「Avooq Creations」が作った
「SplashLIGHT」は、酒瓶を照明器具にするアイデアツールです。

 

SplashLIGHTを3Dプリントしたもの SplashLIGHTの3Dデータ

3Dデータとしては、液体を模したデータと
ワインなどの瓶にはまるキャップが一体化している状態です。

3Dプリントされたものを見ると、支柱の部分は太い柱になっており
それなりに剛性はありそうです。

後ろ側からは電球とコードが入るようになっていますね。

SplashLIGHTが3Dプリントされた状態

SplashLIGHTを3DプリントSplashLIGHTで背面からコードを通す

 

「SplashLIGHT」のデータは、3Dデータの共有サイトMy Mini Factoryでダウンロードすることが可能です。

ダウンロードはこちらへ

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ