HOME >>  3Dプリンター > ナイロンを3Dプリント!?格安のレーザー焼結3Dプリンター「Sintratec」

ナイロンを3Dプリント!?格安のレーザー焼結3Dプリンター「Sintratec」

sintratecのレーザー焼結3Dプリンター

3Dプリンターの方式の一つに、粉末状のナイロンをレーザーで焼結するタイプがあります。

この方式はサポート材がつかないことや、非常に高精度のモデルを作れるなどのメリットがあります。
焼結されたナイロンは非常に丈夫で軽く、優れた素材です。

ただし、業務用のナイロンを焼結するプリンターは、数千万円と非常に高価です。。。
普通の会社が導入するには、現実的ではない価格帯となっています。

しかし、スイスの企業「Sintratec」のレーザー焼結式3Dプリンターであれば、お手頃な価格で導入することができます。

Sintratec Kitは、レーザー焼結タイプの3Dプリンターとしては最も安く、価格が4999ユーロ(約60万円)です。

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

sintratecで焼結したナイロン

 

 

 

 

Sintratecの内部は、レーザーで粉末を焼結するためかなり強固な作りになっています。

 

造形面積はSintratec Kitが110mm四方、Sintratec S1で130 mm x 130 mm x 180 mmです。

焼結できる素材は、ポリアミド12(ナイロン)です。

sintratecの内部

sintratecでレーザー焼結中

科学や技術研究の分野など
高精度の部品が必要な分野で、Sintratecのレーザー焼結プリンターは
良い選択肢になりそうですねー

※Sintratecの3Dプリンターは、金属の焼結には対応していません。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス