HOME >>  メーカーズニュース > 自宅がニット工場になる!デジタル自動編み機「Kniterate」

自宅がニット工場になる!デジタル自動編み機「Kniterate」

デジタルニット編み機

デジタルファブリケーションの中で、布を対象にしたモノも登場してきました。
キックスタータープロジェクトの「Kniterate」は、ニットを編むためのデジタル自動編み機です。

「Kniterate」を使えば、クリエイターが作ったデータがそのままニット製品として生成されます。

 

ニットデジタルニット編み機で作った靴 デジタルニット編み機で作ったニット

似たような機能を持つモノとしては、工業用の編み機がありますが、
業務用の機材なので500万円以上はしてしまいます。

「Kniterate」は50万円ぐらいなので、個人でも買えるレベルです。

さらに、機械を売るだけでなくクリエイターのコミュニティ作りも目指しています。

「Kniterate」では、クラウドベースのデザインソフトを開発中。

Kniterateのソフトウェア

デザイナーやアーティスト、イラストレーターが自分たちのデザインを
コミュニティにアップして
一般のユーザーがデザインを購入するような方向性を目指しているそうです。

 

<コミュニティからニットを注文する様子>

Kniterateのコミュニティサイト

デザインの候補をコミュニティから探す

Kniterateのニット帽

デザインを決めて注文をする

帽子が編み上がる

帽子が編み上がる

Kniterate

帽子が完成したので発送する

 

ちなみに、「Kniterate」のプロジェクトは資金調達に成功し
15万ドル以上の資金が集まっています。

デジタルファブリケーションだと、3Dプリンターなどの工作機械が目立ちますが
こういう縫製系も面白ですね。

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス