HOME >>  メーカーズニュース > 自宅がニット工場になる!デジタル自動編み機「Kniterate」

自宅がニット工場になる!デジタル自動編み機「Kniterate」

デジタルニット編み機

デジタルファブリケーションの中で、布を対象にしたモノも登場してきました。
キックスタータープロジェクトの「Kniterate」は、ニットを編むためのデジタル自動編み機です。

「Kniterate」を使えば、クリエイターが作ったデータがそのままニット製品として生成されます。

 

ニットデジタルニット編み機で作った靴 デジタルニット編み機で作ったニット

似たような機能を持つモノとしては、工業用の編み機がありますが、
業務用の機材なので500万円以上はしてしまいます。

「Kniterate」は50万円ぐらいなので、個人でも買えるレベルです。

さらに、機械を売るだけでなくクリエイターのコミュニティ作りも目指しています。

「Kniterate」では、クラウドベースのデザインソフトを開発中。

Kniterateのソフトウェア

デザイナーやアーティスト、イラストレーターが自分たちのデザインを
コミュニティにアップして
一般のユーザーがデザインを購入するような方向性を目指しているそうです。

 

<コミュニティからニットを注文する様子>

Kniterateのコミュニティサイト

デザインの候補をコミュニティから探す

Kniterateのニット帽

デザインを決めて注文をする

帽子が編み上がる

帽子が編み上がる

Kniterate

帽子が完成したので発送する

 

ちなみに、「Kniterate」のプロジェクトは資金調達に成功し
15万ドル以上の資金が集まっています。

デジタルファブリケーションだと、3Dプリンターなどの工作機械が目立ちますが
こういう縫製系も面白ですね。

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ