HOME >>  メーカーズニュース > 7万円の低価格の真空成型機がプレオーダーを開始!

7万円の低価格の真空成型機がプレオーダーを開始!

低価格の真空成型機

自宅で真空成型機を使える時代がやってきました。

アメリカのベンチャー企業が発売した「Vaquform」は、卓上型の真空成型機です。

2017年の2月にKickstarterに出品され、あっという間に目標額3倍以上の資金である
2000万円を集めました。

開発したのは、フィリピン大学で教鞭をとるプロダクトデザイナーのジョン・タン氏。
コンセプトは卓上型で使いやすく、さらに工業用のパワーを持っている真空成型機だそうです。

ダースベイダー

Vaquform

Vaquform

 

シートサイズは、320×240mmで、厚さは最大2mmです。2mmの樹脂が成型できれば、UVレジンの成型などにも使えそうな気がします。

操作画面はLCDになっており、素材ごとに適切なパラメーターが入っているそうです。

モニターをみて簡単操作

モニターをみて簡単操作

vaquform

vaquformの素材ごとの温度設定

 

「Vaquform」は、Kickstarterでの調達成功後に、自社サイトでのプレオーダーを受付中。

価格も約7万円と、業務用の真空成型機が100万円近いことを考えると破格の値段ですね

これぐらいなら、試しに買ってみてもいいかも!

 

<Vaquformの仕様>

  • サイズ:340×477×425mm(L×W×H)
  • シートサイズ:320×240mm
  • シート最大厚さ2mm
  • ヒートパワー:1200w
 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス