HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 樹脂 > 低価格プリンターの弱点を克服した。日本で買える3Dプリンター「Np-Mendel」

低価格プリンターの弱点を克服した。日本で買える3Dプリンター「Np-Mendel」

Np-Mendel 韓国製3Dプリンター

最近、韓国製の3Dプリンター「Np-Mendel」が、日本の代理店から日本語で注文出来るようになりました。

サポートサイトも充実した内容を日本語で見る事が出来るので、ご紹介します。

 

スペック:後発の利を活かしたコストパフォーマンス

オープンソースのRep Rapを使い韓国で開発された3Dプリンターですが、後発だけあって解像度やプリント面積などの基本性能が高く、コストパフォーマンスの良い製品となっています。
価格:159,000円
解像度:0.1-0.31mm
方式:熱溶解積層法
面積:18×18×16cm

 

特徴:克服している3Dプリンターの弱点

さらに、既存の3Dプリンターを研究することで、低価格3Dプリンターの弱点を克服しているようですね。

1.高密度で強い造形物が作れる。

3Dプリンターの精密性を示す造形物

 

以前書いた「【基礎知識】低価格3Dプリンターの出来ない事」でも問題にしましたが、熱溶解積層法の3Dプリンターは、作ったコーヒーカップから液体が漏れてしまうような問題がありました。

プラスティックを熱で溶かしながら積層しながら造形をするため、素材同士がくっつかないで、すかすかな状態になりやすいのです。

Np-Mendel」では熱コントロールを巧みに行う事で、この弱点を改善しています。

 

 

2.フィラメント詰まりが起こりづらい。

3Dプリンターを使っていると、かなり頻度で起こるフィラメント詰まり。

金属押出機が樹脂を押し出すときに起こる問題です。「Np-Mendel」は、エンジニアリングプラスティクを使った押出機を採用。これにより、フィラメント詰まりがほとんど起こらないそうです。

 

3.家庭用3Dプリンターとしては、熱収縮がかなり少ない。

3Dプリンターで出力したABSなどの樹脂は造形物は、かなりの熱収縮がおこります。一体造形だとさほど問題になりませんが、パーツを組み合わせる場合は、はまらなくなってしまいます。

Np-Mendel」は家庭用プリターとしては熱収縮を最小レベルに押さえることができます。

 

4.家庭における静音性。

家庭用の3Dプリンターを使うとわかりますが、かなり大きな音がします。「Np-Mendel」は、高価なLMガイドシステムを利用しているため、非常に作業音が静かです。

動作中の画像はこちらへ。

 

詳しい情報は公式サイトへ

 

 

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ