HOME >>  メーカーズニュース > 磁石でドットキャラを自在に作れる!新しいブロック「PIXIO」

磁石でドットキャラを自在に作れる!新しいブロック「PIXIO」

「PIXIO」

キックスタータープロジェクトの「PIXIO」は、磁石を使ったブロックです。

PIXIO」は、8mm四方のプラスチックキューブで、重さは1g以下。

その中には強力な、ネオジウム磁石が入っています。
磁力は50年間で2%の減少と、かなり長く使うことが可能です。

磁石の玩具PIXIO

磁石の玩具PIXIOのカラー

カラーは16色用意されおり、これを組み合わせることで様々なものを作ることが可能です。

「PIXIO」のメーカーでは、いろいろなキャラクターの再現に挑んでします。
特に、ゲームキャラのドット絵的な表現に向いているようです。

磁石の玩具PIXIOで作ったマリオ 磁石の玩具PIXIOで作ったポケモン 磁石の玩具PIXIOで作ったピンクパンサー 磁石の玩具PIXIOで作った顔 磁石の玩具PIXIOで作った家族 磁石の玩具PIXIOで作ったキャラ

子供達がキャラクターをどうやって作るかを考えたり、立体物を組み立てる教育玩具としても使えます。

さらに、「PIXIO」を組み立てて玩具を作ることもできるので
玩具を作る玩具的な位置づけになるかもしれません。

磁石の玩具PIXIOで作った数字 磁石の玩具PIXIOで作った玩具

さらに、強い磁力により文房具としても使うことが可能
ペン立てや、ブックスタンドのような実用品を作ることもできます。

 

磁石の玩具PIXIOで作ったペンたて 磁石の玩具PIXIOで作った名刺立て 磁石の玩具PIXIOで作ったブックエンド

価格は、400個のセットが85ドル(約1万円)です。

こういう分野では、レゴブロックが有名ですが
磁石キューブ型のブロックでで汎用性が高い「PIXIO」は、なかなか面白そうな存在です♪

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス