HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360のパッチと3Dスケッチで、マウスを作る方法

Fusion360のパッチと3Dスケッチで、マウスを作る方法

Fusion360を使って作ったマウス

Fusion360でメインに使うのは、モデルモードで行うソリッドモデリングです。
ソリッドは、構造設計などには便利ですが、審美性の高いものを作るのはちょっと難しいのです。

曲面の多い、かっこいいデザインを実現するには、サーフェイスの活用が必須です。

今回は、最近のアップデートでかなり使えるようになったらしい?
Fusion360のパッチワークモードを使って、マウス作りに挑戦しました。

もう、ライノセラスみたいなデザインCADがなくても大丈夫かも?!

 

パッチワークと3Dスケッチで、マウスの天面を作る

マウスは段階を分けて作ります。

まずは、マウスの天面の元になる3本のスケッチを「スプライン」で書きます。

そして、この3本をスプラインで結んで格子状にします。
このスケッチを「ロフト」で繋いで、天面の元になる面を作ります。

スプラインで3本の曲線を描く

スプラインで3本の曲線を描く

3Dスケッチで、端点をつなぐ

3Dスケッチで、端点をつなぐ

スケッチを横からみた形

スケッチを横からみた形

ロフトで面を作る



次に底面に、マウスの外形になるスケッチを描き

先ほど作った面を「面の分割」で切り抜くと、マウスっぽい形状が出来ました。

マウスのボディの形にスケッチを描く

マウスのボディの形にスケッチを描く

「面の分割」を適用して、マウスの天面が完成

「面の分割」を適用して、マウスの天面が完成

 

新しい3Dスケッチで、マウスの側面を作る。

ここまでは、従来の「3Dスケッチ」でも出来ました。

Fusion360の最近のアップデートで出来るようになったのが、「3Dスケッチ」で書いたスプラインの編集です。

最近のアップデートで、「3Dスケッチ」の場合でもハンドルを動かしたり、ポイントを挿入することが可能になりました。

この機能アップを活かして作ったのが、この3Dスケッチです。

先に、底面に書いたスケッチと、天面のスケッチを「スプライン」を使って結んだだけです。

底面のスケッチと天面のスケッチをスプラインで結んだ状態

底面のスケッチと天面のスケッチをスプラインで結んだ状態

底面のスケッチと天面のスケッチをスプラインで結んだ状態

底面のスケッチと天面のスケッチをスプラインで結んだ状態

 

このスケッチをパッチワークの「ロフト」で結んでいきます。

しかし、パッチワークの「ロフト」は、 このように歪みが出やすいです。
このへんは、レールにした「スプライン」を編集することで、回避することが可能になりました。

 

3Dスケッチにロフトを適用して側面を作る

3Dスケッチにロフトを適用して側面を作る

パッチのロフトは、形が崩れやすい

パッチのロフトは、形が崩れやすい

底面のスケッチと天面のスケッチをスプラインで結んだ状態

スプラインでスケッチを付け足す

3Dスケッチにロフトを適用して側面を作る

3Dスケッチにロフトを適用して側面を作る

 

最後に底面を「パッチ」で塞いで、マウスのサーフェイスが出来ました。

ただし、まだ面の状態です。そこで、面に「厚み」を適用してソリッド化します。

マウスの底を「パッチ」で塞ぐ

マウスの底を「パッチ」で塞ぐ

サーフェイスが完成

サーフェイスが完成

「厚み」でソリッドにする

「厚み」でソリッドにする

 

あとは、マウスに見えるように、ホイールを付けて完成です。

「ゼブラ解析」をしても、なめらかですね。

ホイールを付けて完成

ホイールを付けて完成

mou20 mou21 mou22

Fusion360でゼブラ解析

最後に、レンダリングで質感を適用すると

そこそこ、かっこいいマウスを作ることができました。

Fusion360を使って作ったマウス

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:7月29日(土)&30日(日) or 8月11日(土)& 12日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日(火)&23日(水)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ