HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で超リアルなレンダリング!360度写真を背景にする方法

Fusion360で超リアルなレンダリング!360度写真を背景にする方法

Fusion360のレンダリングで360度写真を背景に

Fusion360のレンダリングで360度写真を背景に

 

Fusion360には、綺麗な画像を得るためのレンダリング機能があり、3Dモデルのプレゼンには便利です。

さらに、背景に360度写真を使うことで、こんな感じで超リアルな画像を作ることができます。

 

360度写真とは?

360度写真はHDRIという形式の写真です。

以下のような画像を回転させることで、360度の視点で見ることができます。
360度写真のサンプル

 

最近360度カメラが安くなってきたので、割と簡単に画像を作ることもできます。

お試し用のHDRIの画像も、結構色々なサイトからダウンロードすることが可能です。

今回は、この間作ったヘッドホンの3Dモデルに、上記の360度写真の背景を設定します。

ヘッドホンに360度画像を設定する

ヘッドホンに360度画像を設定する

 

 

Fusion360の背景に360度写真を設定する

Fusion360のレンダリングで、独自の背景を設定するには
シーンの設定ので環境ライブラリに「カスタム環境の置換」で、hdr拡張子の画像をアップロードします。

環境ライブラリにhdr形式の画像をアップロード

環境ライブラリにhdr形式の画像をアップロード

 

環境ライブラリは通常、背景画像を照明の程度を調整するのに使用します。
そこで、背景がソリッドカラーなのを「環境」に切り替えます。

そうすると、先にアップした360度写真が表示されます。
地面にモデルを置くために「地面を平坦化」を選びます。

背景をソリッドカラーから環境に切り替える

背景をソリッドカラーから環境に切り替える

 

あとは、「位置」の「固定尺度」で背景画像の大きさを調整してちょうどいい所において
レンダリングをすると、かなりリアルな画像を得ることができました。

スクリーンショット 2017-06-03 23.26.02

「位置」の「固定尺度」で背景画像の大きさを調整

 

Fusion360のレンダリングで360度写真を背景に

Fusion360のレンダリングで360度写真を背景に

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。