HOME >>  メーカーズニュース > 小企業でも買える!低価格レーザー焼結3Dプリンターが登場!Formlabの「Fuse1」

小企業でも買える!低価格レーザー焼結3Dプリンターが登場!Formlabの「Fuse1」

低価格レーザー焼結プリンターFuse1粉末素材をレーザーで焼結させるのが、SLS方式の3Dプリンターです。

金属やナイロンなどの素材を3Dプリントすることができますが、非常に高額な3Dプリンターで
小さな企業が導入するの不可能な価格帯でした。

しかし、光造形プリンターで定評のあるFormlabから、低価格のレーザー焼結型の3Dプリンター「Fuse1」が発表されました。

価格は9,999ドル(約110万円)と、小企業(うちの会社)でも買えそうな値段です!

Fuse1」使える素材はナイロン(ナイロン11とナイロン12の2種)です。ナイロンは樹脂の中でも耐久性が高く強靭な素材です。

その割に軽く、製品の試作品づくりはよく使われます。

プリントエリアは、165×165×320mmとやや小型ですね。

ナイロンは柔軟性があり、引っ張りに強く、ある程度の熱にも耐えることができます。
プリントされているサンプルを見ると、製品作りには十分使えそうです。

Fuse1で作ったヘッドホン Fuse1で作ったメッシュカバー Fuse1で作ったドライヤー

 

Fuse1」の出荷は2018年半ばが予定されており
現在予約注文を受け付けています。(現在予約ができるのは、北米とヨーロッパです)

レーザー焼結プリンターは、数年前に特許が切れ低価格機がある程度は出てきていますが
高出力のレーザーを使うので、取り扱いに注意を要する機材です。

「Fuse1」は、専用の空調設備なども不要で
使いやすいUI作りに定評のあるFormlabの製品なので、期待できそうな感じがします。

 

レーザー焼結で作ったナイロンはサポート材などもなくかなり綺麗な状態です。
商品紹介の動画では、デザインした物を「Fuse1」出力して、そのまま販売してしまうシーンが出てきます。

気軽にナイロンが出力できると、製造の世界がかなり変わりそうですね!

3Dのデザイン

3Dのデザイン

Fuse1で印刷

Fuse1で印刷

粉末を落とす

粉末を落とす

 

自転車にそのまま取り付ける

自転車にそのまま取り付ける

 

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス