HOME >>  3Dプリンター > 518時間かけて作られた?!凄い3Dプリント・アーマー

518時間かけて作られた?!凄い3Dプリント・アーマー

3Dプリントで作られた鎧

3Dプリンターを使って、コスプレ衣装を作っている人が
海外では結構いますが、

ニューヨークの女性アーティスト、Lumeclusterが制作した「女性向けの鎧」は、
ものすごい完成度です。

細かい部分の装飾が異常に凝っていて、中にはLEDを仕込んだこだわりの一品。

重さも8ポンド(3.6キログラム)と、かなり軽く
フレキシブルな素材で3Dプリントされているので、ガントレットをした状態でも
パソコンが打てるそうです。

出典:lumecluster

 

20161026_153121-58ec29a1ca733__880

 

その総制作時間は、なんと518時間だそうです。。。

Lumeclusterのfacebookによると、3Dを本格的に初めて1年足らずで、ここまでの完成度のものを作ったようです。

 

3Dプリントされた鎧の、制作過程をご紹介します。

鎧のデザインスケッチ

鎧のデザインスケッチ

体を測定して、3Dモデルを作成

体を測定して、3Dモデルを作成

鎧の3Dモデリング

鎧の3Dモデリング

鎧の各部分を3Dプリント

鎧の各部分を3Dプリント

表面を研磨してエアブラシで塗装

表面を研磨してエアブラシで塗装

鎧の完成品

鎧の完成品

鎧の完成品

鎧の完成品

後ろから見た様子

後ろから見た様子

出典:lumecluster

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス