HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360はここまで出来る!パッチで名作家具セブンチェアを作った

Fusion360はここまで出来る!パッチで名作家具セブンチェアを作った

Fusion360で作成した名作家具

無料から使える人気の3DCAD・Fusion360を使って、名作家具を作るシリーズ。

今回は、デンマークの建築家ヤコブセンの「セブンチェア」を作ってみました。

しかし、「セブンチェア」は、かなり複雑な曲面を持っています。

Fusion360の3Dスケッチを使うのですが
今までのやり方はでは出来ませんでした。。。

そこで、3Dスケッチとパッチを使う、新しい方法を編み出しました!

今回は、パッチワークと3Dスケッチを組み合わせた、方法をご紹介します。

Fusion360で、網状の3Dスケッチを描く

以前作ったマウスの3Dモデルでも多曲面の3Dモデルは作ったことがあります。
しかし、「セブンチェア」は、全方位で曲面を表現する必要があります。

そこで、あらかじめ網目を描くという方法を思いつきました。

まず、最初に下絵になるイラストを読み込みます。

次にに側面をトレースして、3Dスケッチで網目を作ります。

下絵を挿入する

下絵を挿入する

側面をトレースする

側面をトレースする

網目状のスケッチを描く

網目状のスケッチを描く

 

そして、その網目を使って「セブンチェア」の背面から座面をトレースします。

これが出来たら、パッチモードの「ロフト」を使って、面を作ります。

パッチで作った面は「厚み」で実体化することが出来ます。

網に沿うように、背面をトレースする

網に沿うように、背面をトレースする

網目に沿ったスケッチが完成

網目に沿ったスケッチが完成

パッチの「ロフト」で面を作る

パッチの「ロフト」で面を作る

 

面を「厚み」で実体化する

面を「厚み」で実体化する

これで、座面の3Dモデルが出来たので、あとは足の部分を作れば
「セブンチェア」の完成です。

 

足の根元

足の根元

「パイプ」で足をつける

「パイプ」で足をつける

ゼブラ解析をしてみると、中央に少し段差があるので、もう少し調整が必要そうですね〜

3Dスケッチとパッチワークの組み合わせで
でここまで出来ると、大概のものが出来そうな気がしてきました♪

次は、どんな家具を作ろうかなー

 

セブンチェアが完成

セブンチェアが完成

セブンチェアを正面からみる

セブンチェアをゼブラ解析

セブンチェアをゼブラ解析

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】ハードゥエアを設計&デザインするCAD技術

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
3DCADのスキルを数ステージあげられる中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングや構造の設計に加え、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス