Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  クラウドファンディング > キックスターター(Kickstarter) > 陶器を作れる!粘土3Dプリンター「ClayXYZ」

陶器を作れる!粘土3Dプリンター「ClayXYZ」

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

粘土の3Dプリンター

積層タイプの3Dプリンターは、ABSなどのプラスチックを積層します。
プラスチックは再生もできないので、作り損なうとそのままゴミになってしまいます。

キックスタータープロジェクトの「ClayXYZ」は、粘土を素材として使う3Dプリンターです。
原料が粘土なので、溶かせば何度も使うことができます。

さらに、粘土で積層したものを炉で焼くと、陶器として使うことが可能です。

「ClayXYZ」はキックスターターでも人気になっており、目標の8倍となる約8万ドルが集まっています。

粘土素材を積層すると、このような質感となります。

釉を塗ると、積層があまり目立たなくなるようです。

陶器の3Dプリンターの作品 陶器の3Dプリンターの作品

 

粘土で積層したものが半渇きの状態で
薬を塗って炉で焼くと、陶器として使えるものが出来上がります。

半乾きの状態で釉を塗る

半乾きの状態で釉を塗る

炉で焼くと陶器として使える

炉で焼くと陶器として使える

8c5980b449b29a5c7747abd77d77f8e2_original

 

「ClayXYZ」では、プラットフォームに粘土を充填することで
どんな粘土でも使うことが可能だそうです。

粘土が原料となるので、普通の3Dプリンターよりもだいぶ太いノズルになっていますね。

積層に失敗しても、粘土を溶かしてプラットフォームに充填すれば

何度でも再利用可能とのこと。

ABSなどの樹脂系とも違い、最終的な素材にかなり近いので
ありなアプローチだと思います。

キックスターターでの支援価格は699ドル(約8万円) です。

 

普通の3Dプリンターよりも太いノズル

普通の3Dプリンターよりも太いノズル

粘土を充填するプラットフォーム

粘土を充填するプラットフォーム

Cray xyz

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス