HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360の作業面を使いこなし、プルーヴェのスタンダードチェアを作る

Fusion360の作業面を使いこなし、プルーヴェのスタンダードチェアを作る

スタンダードチェアをFusion360で作る

Fusion360を使い、名作家具を作るシリーズ。
今回はプルーヴェの代表作「スタンダードチェア」です。

その名の通り、シンプルな椅子ですが
構築の機能である、「傾斜平面」や「接平面」を使い

「作業面」をうまく使うと、モデリングもかなり簡単です。

 

座面を作るためにFusion360の「接平面」を使う

「スタンダードチェア」の土台となるのは、後ろ足の平面のプレートと前足のパイプ部分です。

これを作るために写真を下絵にして、スケッチでトレースします。

Fusion360の下絵を挿入で画像をトレース

Fusion360の下絵を挿入で画像をトレース

スケッチでトレース

スケッチでトレース

Fusion360の押し出しとパイプで実体化

Fusion360の押し出しとパイプで実体化

後ろ足は「押し出し」、前足は「パイプ」で実体化します。

次に座面を作りますが、前足のパイプに接する「平面」を作る必要があります。

Fusion360でこういう機能を担うのが「構築」です。

そこで。構築の「接平面」を使って、円柱面に水平な「作業面」を作ります。

 

「作業面」にスケッチを描いて、スイープで実体化させると座面が出来上がります。

Fusion360の構築の「接平面」を適用

Fusion360の構築の「接平面」を適用

円柱に水平な作業面を作る

円柱に水平な作業面を作る

スイープで座面を作る

スイープで座面を作る

 

背もたれを書くためにFusion360の「傾斜平面」を使う

スタンダードチェアの背もたれは、正面から見るとシンプルですが
なだらかに傾斜しているのが特徴です。

スタンダードチェアをFusion360で作る

そこで、背もたれを作るために、後ろ脚に沿ったスケッチを書きます。

さらに、そのスケッチを使い「傾斜平面」で、作業面を作ります。

後ろ足の前面に沿ったスケッチをかく

後ろ足の前面に沿ったスケッチをかく

スケッチを元に「傾斜平面」で、座面に平行な作業面を作る

スケッチを元に「傾斜平面」で、座面に平行な作業面を作る

作業面に、背もたれの元になる円弧を描く

作業面に、背もたれの元になる円弧を描く

そこで、作った作業面に、カーブ元になる円弧を描いていきます。

あとは円弧同士を「ロフト」させて、面を作り「厚み」で実体化させていきます。

 

パッチの「ロフト」で面を作る

パッチの「ロフト」で面を作る

「厚み」をつけて、背もたれを完成させる

「厚み」をつけて、背もたれを完成させる

 

最後に部品を止めるために、ビスを設置してFusion360を使った「スタンダードチェア」の完成です。

この後の展開として、今回使った3Dデータを使って、切削と溶接により
実物を作る予定です!

部品を固定するビスを止める

部品を固定するビスを止める

 

Fusion360で作るスタンダードチェア Fusion360で作るスタンダードチェア Fusion360で作るスタンダードチェア

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス