HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリンターで作った、柔らかい人工心臓!

3Dプリンターで作った、柔らかい人工心臓!

3Dプリンターの人工心臓

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(EHT Zurich)の研究者が、世界でも初となる
柔らかい人工心臓の開発に、3Dプリンターを使って成功したそうです。

現在の機械部品を使った人工心臓は、合併症の影響を受けやすく
患者は脈を感じられないなど、多くの欠陥があります。
今回の研究の目的は、患者自身の心臓の大きさと機能をできるだけ模倣することだそうです。

研究成果はpublished in Artificial Organsに掲載されています。

人工心臓は、人の心臓の形を元にし、2つの部屋からできています。
重量は390グラムで、容積は679 cm 3で、人間の心臓と同様に動きますが寿命は約一時間でした。

3Dプリンターで作られた人工心臓

3Dプリンターで作られた人工心臓

人工心臓は、シリコンエラストマー製です。

製作にあたり、まず3Dデータを作り3Dプリンターで原型を出力
ロストワックス型を使って作られています。

※ロストワックスとは、ロウなどの燃焼製の素材を使って3Dモデルを作り、それを熱することで、鋳造用の型を作る方法です。

複雑な構造を持った人工心臓の3Dデータ

複雑な構造を持った人工心臓の3Dデータ

人工心臓の原型を3Dプリント

人工心臓の原型を3Dプリント

2つの部屋をもつシリコン製の人工心臓

2つの部屋をもつシリコン製の人工心臓

 

EHT Zurichの研究者によると
今回の実験は、あくまで実現可能性を見るためのテストで、
人工心臓の新しい方向性を確認するためだそうです。

心不全に苦しむ人は、全世界で2600万人以上です。
心臓移植を待つ人はたくさんおり、人工心臓は患者が移植を待つ間を埋めるに役立つそうです。

3Dプリンターを使った医療技術中でも期待できそうな分野ですね。

出典:EHT Zurich

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス