HOME >>  3Dプリンター > 光造形プリンターが6万円台で!D2K Insightが登場!

光造形プリンターが6万円台で!D2K Insightが登場!

3Dプリンターで綺麗な造形物や、すごく細かいものを作りたいときに必要なのが「光造形方式」の3Dプリンターです。

高額機器の領域である「光造形3Dプリンター」に、6万円台と今までの常識を破る低価格の「D2K Insight」がキックスターターに登場しました。

D2K Insight D2K Insight

 

 

キックスターターのプロジェクトというと、「本当に製品が来るのか?」「日本に配送されるのか」と不安に思うと思います。

しかし、「D2K Insight」の開発元は、以前「D2K ILLUMINATE」を出しているので製品を作る能力はあると思います。
さらに、日本へも出荷可能な商品です(送料は1万7千円ほど)。

「D2K Insight」は、比較表を見ると色々な面で、既存の低価格SLAプリンターよりも優れているようです。
造形面積は132.5×74.5×130mm、積層ピッチは10μ(0.01mm)です。

D2K Insightの比較表 D2K Insightのスペック表

 

造形物を剥がして引き上げる「光造形方式」の心臓部となる構造部品も、アルミ削り出しで剛性がある構造です。

1da085475657b359953b927fe6fa4dba_original

b931c4ec4d9e437d2fc888f618ea076f_originalD2K Insight」は液晶の入力パネルもあり、日本語にも対応。

日本からも買えると考えると、「光造形3Dプリンター」を買って見たい人には
ありな選択肢だと思いました。

「D2K Insight」は、小売で16万円ぐらいが予定されていますが、Kickstarterなら6万円台(4680香港ドル)で入手可能です。

「D2K Insight」の液晶パネル

「D2K Insight」の液晶画面

 

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ