HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で3Dを平面データに!Exact flat(イクザクト・フラット)の基本

Fusion360で3Dを平面データに!Exact flat(イクザクト・フラット)の基本

Exact flat(イクザクトフラット)

3DCADを使う分野でも、「家具」や「アパレルの立体縫製」のように、デザインは3Dだけど、加工は平面という業界も多いと思います。

そうなると、3Dデータを平面のラインデータに書き出したくなりますが
業務用の専用ソフトは300万円前後です。。。

そんなとき、無料から使えるのがFusion360のプラグイン「Exact flat(イクザクトフラット)」です。(一定の回数を越えると有料ライセンスの購入が必要になります。)

今回は、先日作った名作家具「バレルチェア」を使って、「Exact flat(イクザクトフラット)」をざっくりとご紹介したいと思います。

まずは基本編ということで、オプションなどの細かい情報は後日ご紹介したいと思います。

 

Exact flat(イクザクトフラット)を使う準備をする

まず、「Exact flat(イクザクトフラット)」をFusion360にインストールします。

Fusion360の「アドイン」メニューから「Fusion360 App store」を選択します。

そうすると、ブラウザのストアページに移行するので、そこから「Exact flat」を検索して、ダウンロードします。

Fusion360の「アドイン」メニューから「Fusion360 App store」を選択

Fusion360の「アドイン」メニューから「Fusion360 App store」を選択

「Exact flat」を検索して、ダウンロード

「Exact flat」を検索して、ダウンロード

 

ダウンロードされると、選択の隣に 「Exact flat」のコマンドが表示されます。

選択の隣に 「Exact flat」のコマンドが表示される

選択の隣に 「Exact flat」のコマンドが表示される

 

インストールの次は、「Exact flat Online」にアカウント登録をします。

 

Exact flat Onlineには無料で登録することができます。

登録したアカウントのうち、「Username」と、登録後に設定する「Password(パスワード)」は後ほど使うので覚えておきましょう。

「Exact flat Online」にアカウント登録

「Exact flat Online」にアカウント登録

 

 

Fusion360から、Exact flat に3Dデータを送る

今回は、以前に作った名作家具「バレルチェア」を平面データにしてみます。

家具の製造では、デザインは3Dで行い加工は木材を平面で削り出して、曲げるというパターンが多くなります。

そこで、「バレルチェア」の格子の部分を平面データに書き出してみます。

Fusion360で作ったバレルチェア

 

「面を登録する」

「Exact flat」で平面データを作る時には、「面の登録」と「書き出し」という2つの段階があります。

まず、「Exact flat」の左側の「CREATE PIECES」で、面を登録します。「Piece」で「Piece1」を選んで「Faces」でバレルチェアの格子面を選びます。

「Exact flat」の左側の「CREATE PIECES」で、面を登録

「Exact flat」の左側の「CREATE PIECES」で、面を登録

 

「面を送信する」

次に、右側の「PUBLISH PIECES」を選んで、登録した面である「Piece1」を選択して「Exact flat Online」に送ります。

送る時に必要なのが、先ほどアカウント取得時登録した「User Name」「Password」です。

入力し終わったら適当な「Part name」をつけてOKを押してください。

送信が成功すると、ブラウザの「Exact flat Online」に勝手に切り替わります。

右側の「PUBLISH PIECES」を選んで「Exact flat Online」に送る

右側の「PUBLISH PIECES」を選んで「Exact flat Online」に送る

 

Exact flat OnlineからDXFデータを書き出す

Fusion360からデータを「Exact flat Online」に送れると「Prepare(準備)」の画面に、「バレルチェアの面データ」が表示されます。

「Prepare(準備)」の画面に、「バレルチェアの面データ」が表示

「Prepare(準備)」の画面に、「バレルチェアの面データ」が表示

 

続けて、この湾曲した平面を平らにするために、上のタブから「Flatten(平らにする)」を選びます。

そうすると、平らにした時に、問題が起こる箇所が赤く明示されます。

そこで、「Optimization(最適化)」を選んで、データの最適化を行います。

上のタブから「Flatten(平らにする)」を選ぶ

上のタブから「Flatten(平らにする)」を選ぶ

使用する素材を選んで最適化しますが、木材は見当たらないので、、、Nylon(ナイロン)を選んで最適化します。

バレルチェアの格子のように、簡単なデータならすぐに最適化が完了します。

 

Nylon(ナイロン)を選んで最適化

Nylon(ナイロン)を選んで最適化

 

最適化後に、「Finish」からDXFの平面データをダウンロードします。

※Exact flat Onlineは有料サービスですが、月に10回は無料でダウンロードが可能です。

格子面以外の左右の面も書き出して、ダウンロードしたDXFデータをFusion360に読み込みます。

不要な部分を削除して、寸法を測ると正確に平面化されていることがわかります。
(0コンマ単位ではズレが生じるようです)

「Finish」からDXFの平面データをダウンロード

「Finish」からDXFの平面データをダウンロード

DXFデータをFusion360に読み込む

DXFデータをFusion360に読み込む

寸法を測るとほぼ正確な値がでる

寸法を測るとほぼ正確な値がでる

 

以上ざっくりですが、Fusion360のプラグイン「Exact flat」の使い方をご紹介しました。
近々他のオプションなども解説したいと思います!

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ