Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > 1万5千円台で買える!卓上光造形3Dプリンター「Spark Maker」が登場

1万5千円台で買える!卓上光造形3Dプリンター「Spark Maker」が登場

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

肉厚0.2mmなど、精密な3Dプリントができるのが「光造形3Dプリンター」です。

キックスタータープロジェクトの「Spark Maker」は、卓上の光造形3Dプリンター。

大きさは小型ながら、1万5千円台(145ドル)という驚異の低価格機です。

送料は六十ドルかかりますが、日本からも購入することが可能です。

光造形プリンターSpark Maker

光造形プリンターSpark Makerの造形物 光造形プリンターSpark Makerの造形物

「Spark Maker」の造形面積は、W10.2×D 5.6 ×H12.5 cmと小型サイズ

ボディの大きさも、27.5 x 17 x 17 cmで重さも3キロと
家庭にも置けそうなコンパクトさです。

 

データの受け渡しは、パソコンを繋ぎっぱなしにすることなく
SDカードでデータを移すことができます。

印刷のオペレーションもシンプルで
SDカードを「Spark Maker」に差し込んで、ボタンを押すだけです。

光造形プリンターSpark Maker

積層ピッチや、サポート材の設定もないので、初心者には逆に使いやすそうです。

モデルは、そこそこぐらいのクオリティなので、光造形の入門機として考えると良さそうな感じですね

材料であるレジンも、複数用意されており、ナイロンライクやキャスティング用と
色々なものがあります。

全ての素材は無色なので、カラーペーストで色をつけるようになっています。

こういう素材の扱いは珍しいですね。

「Spark Maker」は、キックスターターでも人気になっており、現在約4000万円(378,103ドル)が集まってきます。

※この価格帯になると、本当に製品が来るのかが不安になるところですね。。

光造形プリンターSpark Makerのレジン 光造形プリンターSpark Makerのカラーパウダー

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス