HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】3Dスケッチでエラーを出さない!曲面のあるドライヤーの作り方をご紹介

【Fusion360】3Dスケッチでエラーを出さない!曲面のあるドライヤーの作り方をご紹介

Fusion360で作った曲面デザインのドライヤー

Fusion360で作った曲面デザインのドライヤー

Fusion360で、3Dスケッチを使った「自由曲面のモデリング」。

これをマスターすれば、優雅な曲面のあるデザインが簡単に作れるようになります。
履歴機能を使えば「ちょっと膨らみの寸法を変える」なんてことも可能です。

しかし、最近使えるようになって来た機能のせいか「エラーが出てなかなかうまういかない」という声もよく聞きます。
特に加工用のデータとして使うためには、「シェル」する時にエラーが出ることが多いようです。

そこで今回は、曲面のあるドライヤーを作りながら、エラーの出ない3Dスケッチの作り方をご紹介します。

Fusion360でこんな感じの3Dスケッチを作る

Fusion360でこんな感じの3Dスケッチを作る

 

エラーが出ない3Dスケッチの作り方

3Dスケッチでエラーを出さないポイントは「先端の部分を水平すること」と「スケッチ同士をしっかり接する」ことです。

まずは、ドライヤーの持ち手になるスケッチを描いていきます。

ドライヤーは左右対称のモデルなのですが、3Dスケッチはミラーリングができません。
そこで、片側だけスケッチを描いていきます。

円弧のスケッチを描いて、両端を水平にする

円弧のスケッチを描いて、両端を水平にする

 

最初のポイントは、両端に「水平の拘束」を適用することです。ここを水平にしておかないと、作成したモデルにシェルを適用することが出来ない場合が多くなって来ます。

同じような形で、3層のスケッチを描いていきます。

同じようなスケッチを3層で描く

同じようなスケッチを3層で描く

 

次にポイントの2つ目が「スケッチ同士をしっかり接する」ことです。3層のスケッチの「点」を「スプライン」で結びます。
「点」が黒くなっているのがわかりますか?こうなっていると、スケッチの端点が確実に接することが出来ます。

スケッチの「点」をスプラインで結ぶ

スケッチの「点」をスプラインで結ぶ

 

次に、ドライヤー本体の部分のスケッチを描きます。

持ち手の先端に、円のスケッチを描きます。

あとは、奥と手間に作業面を作って、円のスケッチを描き
先ほどの持ち手と同じように「スプライン」で結んでいきます。

これで、スケッチは完成です。

持ち手の頂点を中心に円を描く

持ち手の頂点を中心に円を描く

奥と手前にスケッチを描く

奥と手前にスケッチを描く

3Dスケッチの完成

3Dスケッチの完成

 

エラーの出ないソリッドを作る

 

スケッチができたので、本体と持ち手を両方ともロフトします。

片側しかないので、「ミラー」を適用します。

本体をロフトする

本体をロフトする

持ち手をロフトする

持ち手をロフトする

 

ミラーリングしたモデルを「結合」で合体後に「シェル」を適用します。

モデリングがうまくいくと、このように「シェル」をしてもエラーが出ません。

シェルしたモデルを「断面解析」して見ました。

ミラーリングして結合

ミラーリングして結合

シェルしたモデルを断面解析

シェルしたモデルを断面解析

 

最後にドラヤーっぽく見せるために、ヘッドのカバー、スイッチ、排気口をつけて完成です。

こうやって3Dスケッチを作ると、きっちり「シェル」ができるので
実際の加工に使う3Dモデルを作ることができますよ。

 

Fusion360で作ったドライヤー

Fusion360で作ったドライヤー

Fusion360で作ったドライヤー

Fusion360で作ったドライヤー

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス