HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】シートメタルの裏技で、曲面に文字を入れる方法!

【Fusion360】シートメタルの裏技で、曲面に文字を入れる方法!

Fusion360に最近追加された「シートメタルモード」。

本来は板金用のデータを作るためのモードですが。
これを使うと、曲面に文字が入れられると聞いて早速試してみました。

こんな感じの指輪に文字を入れています。

me00

 

まず、指輪の元になる円のスケッチを描きます。ここで、閉じた面になっているとベースメタルになってしまうので、オープンにしておきます。

指輪の元になるスケッチを描く

指輪の元になるスケッチを描く

 

次に、「フランジ」を選んで、スケッチを押し出します。

フランジでスケッチを押し出す

フランジでスケッチを押し出す

 

続いて、指輪の端面を選んで、普通の「押し出し」を適用します。

これは、モデルを展開するために、基準面を作る準備です。

端面に押し出しを適用

端面に押し出しを適用

 

基準面ができたら、修正から「展開」を選びます。すると、なんと曲面が平面に展開されます!!

展開で曲面を平面にする

展開で曲面を平面にする

 

あとは展開された平面に、スケッチで文字を描いて押し出します。

平面に文字を描いて押し出す

平面に文字を描いて押し出す

そして「面を再折り曲げ」を選ぶと、指輪の形に戻りました!!

最後に、「フィレット」をかけるとより指輪っぽくなりますね。

 

指輪の形に戻ったのでフィレットで仕上げ

指輪の形に戻ったのでフィレットで仕上げ

 

「シートメタル」は板金に使う機能だから、あまり自分には関係ないかと思っていましたが

今までとは違うモデリング機能は結構使えそうな感じがしました。

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。