HOME >>  3Dプリンター > ミマキのUVフルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」が11月に発売開始

ミマキのUVフルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」が11月に発売開始

3DUJ-553

産業用機器メーカーのミマキエンジニアリングから、1000万色以上の色彩再現が可能な、UV硬化型のインクジェット3Dプリンター「3DUJ-553」が発売されます。

「3DUJ-553」は以前から話題になっていましたが、今年の11月についに発売となります。

この3Dプリンターは、UVインクを積層する、UV硬化型という特徴的な方式です。

造形後に着色するのではなく、(C,M,Y,K,ホワイト,クリア)のインクを一層ずつプリント。サポート材も含めて造形中に色をつけていくため従来は難しかった色表現が可能となります。

3DUJ-553の公式ページがこちらへ

533-01

3DUJ-553のUV硬化型の積層

533-02

3DUJ-553のUV硬化型の積層

 

3Dプリンターは、試作品作りの道具という側面が強いですが
「3DUJ-553」は最終製品として使える物が造形できるそうです。

ミマキの発表しているサンプルでも看板など外で使うものも想定されています。

 

ミマキ3Dプリンターの造形サンプル ミマキ3Dプリンターの造形サンプル ミマキ3Dプリンターの造形サンプル ミマキ3Dプリンターの造形サンプル

造形できる素材は、ABSと同程度の強度があるアクリル系の樹脂だそうで
造形後に穴あけなどの加工が可能のため
下のランプシェードのような製品化も可能です。

「3DUJ-553」の造形面積は508×508×305mmとかなり大型です。
最大積層ピッチは22ミクロン(0.022mm)と詳細です。

本体価格は1780万円と、業務用3Dプリンターとしてはそれほど高くないレベルだと思います。

3DUJ-553の公式ページがこちらへ

ミマキ3Dプリンターの造形サンプル

 

3DUJ-553のスペック

項目 3DUJ-553
造形方式 UV硬化インクジェット方式
表現可能色数 フルカラー1,000万色以上
プリントヘッド オンデマンドピエゾヘッド 8ヘッドインライン
インク 種類/色 モデル材インク MH-100(C, M, Y, K, ホワイト, クリア)
サポート材インク SW-100
内蔵タンク容量 C, M, Y, K:3L
ホワイト, クリア, サポート材:5L
供給形態 C, M, Y, K:1Lボトル
ホワイト, クリア, サポート材:4.8Lボトル
造形領域(W×D×H) 508mm×508mm×305mm
最小積層ピッチ 22μm
造形時間※100×100×100mm(W×D×H)サイズ造形時 高速モード:14.4時間 600×300×600dpi(42μm)
標準モード:17.0時間 600×300×800dpi(32μm)
高精細モード:25.7時間 600×300×1,270dpi(22μm)
3Dデータフォーマット STL、OBJ、VRML、PLY、3MF
ソフトウエア(標準添付) レイアウトソフト「Mimaki 3D Link」
インターフェイス Ethernet 1000BASE-TX
電源仕様 単相AC100~120V/220~240V±10%
50/60Hz±1Hz
適合規格 VCCIクラスA/FCCクラスA/UL60950準拠ETL/
CEマーキング(EMC指令、低電圧指令)/CB認証/
RoHS対応/REACH
外形寸法(W×D×H) 2,130mm×1,335mm×1,320mm
重量 590kg(インク重量含む)

 

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】ハードゥエアを設計&デザインするCAD技術

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
3DCADのスキルを数ステージあげられる中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングや構造の設計に加え、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス