HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】スカルプトで芸術的なコーヒーカップを作る

【Fusion360】スカルプトで芸術的なコーヒーカップを作る

Fusion360の「スカルプト」を使うと、有機的な形状をスピーディーに作ることができます。

今回は、芸術的なフォルムのコーヒーカップに挑戦しました。

「スカルプト」でモデリングすると、
普通は2〜3日かかりそうな複雑な形状が10分程度で作れてしまいます。

さらに、形が崩れやすいFusion360の「スカルプト」で
綺麗なモデルを作るコツもご紹介しています!

 

Fusion360のスカルプトで作ったコーヒーカップ

Fusion360のスカルプトで作ったコーヒーカップ

 

Fusion360のスカプルトでカップ本体をモデリング

まずは、カップの元になる形状を「円柱」で作成します。

次にこの円柱を「フォームの編集」で外側に広げて、「フォームの編集」+「Alt(Option)」で押し出して行きます。

ここで使っている、「フォームの編集」+「Alt(Option)」は押し出しと似たようなコマンドです。とても便利で、Fusion360のスカルプトでは一番使うコマンドかも知れません。

フォームの編集で、エッジを外側に移動する

フォームの編集で、エッジを外側に移動する

フォームの編集+Alt(Option)で押し出す

フォームの編集+Alt(Option)で押し出す

 

カップの形がだいたいできたら、「表示モードをボックス」に変更します。

こうすると、モデルが本来の角ばった状態になります。

Fusion360の「スカルプトモード」は、この4角のポリゴンにスムーズ処理をかけることで、滑らかな曲線を作るモードです。

「ボックス表示」は形状の把握がしやすく、スカルプトでは頻繁に使って行きます。

次にカップの口を少し変形させます。表示モードをスムーズにすると、曲面表示に戻ります。

表示モードをボックスにする

表示モードをボックスにする

ボックスのまま形状を変更する

ボックスのまま形状を変更する

表示をスムーズに戻す

表示をスムーズに戻す

 

 

スカルプトで芸術的な形の持ち手を作る

カップ自体のモデルはだいたいできたので、あとは持ち手の部分を作ります。このカップのポイントは、本体と一体感のある形の持ち手です。

そのため、本体エッジを利用して「フォームの編集」+「Alt(Option)」で
取っ手を押し出して行きます。

フォームの編集 + Alt(Option)

フォームの編集 + Alt(Option)で取っ手を押し出す

フォームの編集 + Alt(Option)で取っ手を押し出す

フォームの編集 + Alt(Option)で取っ手を押し出す

 

取っ手の外側と内側を、押し出して作りました。しかし、このままだとモデルが面のままです。

そこで、修正の「ブリッジ」で隙間を埋めて行きます。

 

取っ手はまだ面の状態

取っ手はまだ面の状態

修正のブリッジで面をボディにする

修正のブリッジで面をボディにする

 

「スカプルプト」で隙間を埋める時に注意したいのが、面の数を揃えることです。

Fusion360の「スカルプト」では、面の数がずれると
形が崩れたり、自己交差の原因にもなります。

面の数がずれている状態

面の数がずれている状態

赤い部分は自己交差が起こっている

赤い部分は自己交差が起こっている

 

 

そこで、修正の「点の挿入」などを使うことで、面の数を揃えることができます。

面の数が揃ったので、表示を「スムーズ」に切り替えると

なかなか綺麗なモデルになりました。

修正の点の挿入で、面の数を揃える

修正の点の挿入で、面の数を揃える

面の数が揃った状態

面の数が揃った状態

表示をスムーズに戻す

表示をスムーズに戻す

 

 

本体のモデリングに5分、取っ手のモデリングに5分と
10分程度でかなり複雑な自由曲面をもつモデルができました。

スカプルトの弱点は、厳密な寸法が出しづらいところですが
こういう陶器のようなモデルには向いてそうですね♪

Fusion360のスカプルトでモデルが完成

Fusion360のスカプルトでモデルが完成

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス