HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】難しい自転車のサドル!?スカルプトで作る方法をご紹介

【Fusion360】難しい自転車のサドル!?スカルプトで作る方法をご紹介

Fusion360のスカルプトで作った自転車のサドル

Fusion360のスカルプトで作った自転車のサドル

Fusion360の「スカルプト」で、色々な物にチャレンジするコーナー。

今回は、3Dでも難しい「自転車のサドル」を作る方法をご紹介します。

サドルは、かなり複雑な曲面構造で、サーフェイスで作ると数日かかりそうですが
Fusion360の「スカルプト」だと10分ぐらいで出来てしまいました。。

 

サドルをFusion360のスカルプトで作る

まず、ベースとなる形状を作成の「平面」で作成します。

続いて、サドルの先端を作るため、余計な面を削除していきます。

さらに、角ばった隅に「折り目解除」を施して、隅を丸めていきます。

これで出来た面を基本形として、モデリングを進めていきます。

作成の平面でベース面を作る

作成の平面でベース面を作る

余計な面を削除して、サドルの先端を作る

余計な面を削除して、サドルの先端を作る

折り目解除で四隅を丸くしていく

折り目解除で四隅を丸くしていく

 

しかし、「スムーズ」表示だと面の繋がりが分かりづらいため、表示モードを「ボックス」にして作業を進めます。

続けて、「フォームを編集+Alt(Option)」を使って、サドルの側面を作ります。

側面は外側に広がるので、「フォームを編集」で外側に引っ張ります。

フォームを編集+Alt(Opiton)で下に押し出す

フォームを編集+Alt(Opiton)で下に押し出す

フォームを編集で外側に引っ張る

フォームを編集で外側に引っ張る

 

 

あとは、エッジや面を動かして、サドルっぽい形に調整していきます。

サドルは中央が空いている形状が多いので、センター部分を削除します。

これで、だいたいサドルのベースは完成です。
表示を「スムーズ」にするとサドルっぽい形が出てきます。

フォームを編集でどんどん形を直していく

フォームを編集でどんどん形を直していく

だいたいサドルの形ができる

だいたいサドルの形ができる

 

スムーズ表示にすると、サドルっぽい形が出来ている

センターを削除して、スムーズ表示にすると、サドルっぽい形が出来ている

 

 

最後に、高さに差をつけて、人間が座りやすいように整形します。

Fusion360のスカルプトモードを使うと、10分ぐらいでここまでの形が出来ます。

高さに差をつける

高さに差をつける

スカルプトによるサドルの基本形ができる

スカルプトによるサドルの基本形ができる

 

しかし、スカルプトで作った面には、厚みがありません。

そこで、モードをモデルに戻して、作成の「厚みを」適用して、ソリッドとして使えるデータにします。

モデルモードで厚みをつける

モデルモードで厚みをつける

あとは、見た目の仕上げです。

サドルに革の素材を適用して、「デカール」で模様も設定します。

これで、だいぶ自転車のサドルっぽくなりました。

sa14

Fusion360のスカルプトでサドルを作った

Fusion360のスカルプトでサドルを作った Fusion360のスカルプトでサドルを作った

このように滑らかな形状を、10分ぐらいで作れてしまうのは
Fusion360のスカプルトの面白いところです。

しかし、スカルプトを使っている人を見ていると、

CG的な絵のデザインとして使っている人が多いような感じがします。

そうすると、モデルを作っても、3Dプリントしたり加工データとしては使えません。

そこで次回は、ちゃんと加工に使えるように
寸法を重視したスカルプトモデリングをご紹介しようかと思います。

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス