HOME >>  3Dスキャナー > Fusion360でSTLを編集できる!ReCap Photoの使い方・前編

Fusion360でSTLを編集できる!ReCap Photoの使い方・前編

3Dスキャンや3Dプリント用のデータ形式「STL」は、
メッシュの形状が三角のため、Fusion360のような3DCADでは編集ができません。

Fusion360で、「STL」データを編集するリバースエンジニアリングを実行するには
メッシュの形状を「三角から四角に変換する」必要があります。

三角ポリゴンを四角に変換する

 

「Autodesk ReCap Photo」で、ポリゴンの変換ができると聞いたので早速試みてみました。

前編となる今回は、「STL」をReCap Photoで「四角ポリゴン」に変換して、
Fusion360で編集する方法をご紹介します。

使うのは、Fusion360で作成した以下のSTLデータです。
中央の穴は寸法が10mmになっています。

三角ポリンゴンのデータ

三角ポリンゴンのデータ

 

中央の穴は10mm

中央の穴は10mm

ReCap Photoをインストールする

今回使うソフトは、Autodeskの「ReCap Photo」です。(旧Autodesk Remake)

本来は写真から3Dデータを作成してくれるソフトですが、三角ポリゴンのデータを読み込んで四角ポリンゴンに変換することが可能です。

「ReCap Photo」は、「Autodesk ReCap」のおまけ的に付いてくるソフトなので、
まずは、「Autodesk ReCap」をこちらからインストールします。

※「Autodesk ReCap」は有料ソフトですが、今回は体験版を使います。
※ 現在はWindows版のみです

「Autodesk ReCap」は、今回は使わないので、一緒にインストールされる「ReCap Photo」を起動します。

ReCap Photoの画面

ReCap Photoの画面

 

そこに、STLデータを読み込んで「Quad Obj」 に変換して保存します。

「Quad Obj」にすると、三角ポリゴンが四角ポリゴンのOBJに変わります。

ReCap PhotoにSTLを読み込む

ReCap PhotoにSTLを読み込む

書き出しで、OBJ(Quads)を選ぶ

書き出しで、OBJ(Quads)を選ぶ

 

四角ポリゴンをFusion360で編集する

ポリゴンが四角になったので、Fusion360のスカルプトモードで編集を試みてみます。

まず、先に書き出したObjを「挿入>メッシュを挿入」でFusion360に読み込みます。

続いて、モードを「スカルプト」に切り替えます。

四角ポリゴンのデータをFusion360に読み込む

四角ポリゴンのデータをFusion360に読み込む

 

スカルプトは「Tスプライン」という形式のデータを扱うため、「四角ポリゴン」を「Tスプライン」に変換します。

「ユーティリティー>変換>クワッドメッシュをTスプラインに」を選んで、変換すると

このように、スカルプトで編集することが可能となります。

 

変換でクワッドメッシュをTスプラインに

変換でクワッドメッシュをTスプラインに

スカルプトでデータを編集する

スカルプトでデータを編集する

 

最後に、スカルプトから「モデルモード」に戻って、中央の穴のサイズを測定すると
元のCADデータと同じ、ほぼ10mmの寸法が出ています。

Fusion360で、三角パッチのデータを修正できることがわかりました。
後編では3Dスキャンした、もっと複雑なデータをリーバースエンジニアリングしてみます。

中央の穴は10mmの寸法を保持

中央の穴は10mmの寸法を保持

 

 

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。